シミウス 妊娠中

MENU

シミウスジェルは妊娠中に出きたシミにも効果あり?

シミウスの妊娠中にできたシミには

妊娠中に シミが気になりだしたという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか? 妊娠中にシミが増える原因っていうのがあるんです! それは ホルモンバランスが大きく変化すること。 この妊娠中のホルモンバランスの変化でできたシミを 「妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)」と呼ぶそうです。

 

妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)を起こすホルモン

 

妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)は妊娠中に増加する二つのホルモンが原因だと言われています。

 

一つはプロゲステロン。 プロゲステロンは 胎盤を形成したり 子宮筋の収縮を抑制するなど 妊娠中に大事な役割があるのですが シミやそばかすの原因となるメラノサイトを活性化させてしまう役割もあるんです。 それで 妊娠中にシミができたり 濃くなったりしてしまうんですね。

 

二つ目はエストロゲン。 エストロゲンも妊娠中に増加するホルモンの一つで コラーゲンやエラスチンを維持させたり 活性酸素の働きを抑える効果があるのですが これもまた メラノサイトを活性化させて シミの原因となるメラニンをたくさん作ってしまうのです。

 

産後はホルモンのバランスも元に戻り 妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)は 少しずつ薄くなっていきますが 中には消えずに残って 定着してしまうシミもあるんです。 なので 妊娠中からシミ対策をして気をつけることが大切ですね。

 

妊娠中のシミ対策は?

 

妊娠中のホルモンの増減は大切な命を育むために仕方のない事。 でも妊娠中でもしっかりと対策を行うことで シミを防ぐことはできます。

 

妊娠中に気をつける事は 紫外線対策をすること、そして 肌の新陳代謝を高め 肌のターンオーバーを整えること。 肌のターンオーバーが整っていれば メラニン色素がきちんと排出されシミを防ぐことに繋がるからです。

 

シミウスジェルが妊娠中にもオススメなのは 肌のターンオーバーを助ける美白マッサージが可能なこと。 シミウスジェルは 少し固めのテクスチャーで肌い負担をかけずにマッサージができるように開発されました。 マッサージすることによって 血行も良くなりますし美白有効成分や保湿成分が角層まで浸透して お肌のターンオーバーを促進してくれます。 

 

妊娠中は肌も敏感になりやすいので 肌に優しいというのもシミウスジェルを選ぶポイントになるんではないでしょうか。

 

シミウスジェルは産後にもオススメ!

 

また、シミウスジェルは妊娠中だけでなく 産後にもオススメの美白ジェルなんです。 

 

産後のママって赤ちゃんのお世話で大変。 自分のために使える時間なんて ほとんどないんですよね。 オールインワンのシミウスジェルなら これ一つ塗ればいいので 赤ちゃんの機嫌がいい、ちょっとした時間にでも パパッとお手入れができちゃいます。 だからシミウスジェルは 忙しいけれど綺麗でいたいママの強い味方なんです!

 

 

できて欲しくないシミは 妊娠中からしっかり対策をして作らないのが一番。 シミウスジェルなら 普段のお手入れをしながらシミのケアをしっかりとできるのでオススメです。 興味のある方は 一度公式サイトで詳細をご確認されてみてはいかがでしょうか?

 

>>シミウス公式サイトの詳細はコチラから