シミウス 副作用

MENU

シミウスの副作用の有無について

シミウス,副作用,ホワイトニングリフトケアジェル

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)は、口コミでも評判のシミ対策のジェルです。美白マッサージをやることでシミが薄くなり、美白に導いてくれる美白オールインワンジェルです。美白対策の化粧品で心配なのは、白斑や肌の荒れといった副作用のこと。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)には、漢方薬にも使われている、肌荒れを防ぐ甘草エキスが含まれているので、敏感肌の人も安心して使うことができます。

 

また、シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)は医薬部外品として、肌改善効果について医学・薬学雑誌にも効果が掲載されたことがあるジェルです。こんなことからも信頼できそうですね。

 

美白化粧品を選ぶ時は、特に副作用のことを考えながら成分を十分、チェックして、できれば、お試しをしてください。

 

ところで、副作用で気になる白斑って、聞いたことがありますか。白斑とは、肌がまばらに白くなるという症状で、痛みもかゆみもありません。まばらになるって、こわいですよね。

 

2013年、副作用による訴訟問題にまで発展した「ロドデノール」という成分が白斑を起こすとわかったので、今は全く使われていません。

 

敏感肌の人が特に心配する副作用は、肌荒れですね。赤いブツブツができたり、かゆくなったり、ニキビができたりする肌荒れは、つらいですよね。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の美白有効成分はプラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムです。その他に含まれている成分は、甘草エキス、シコンエキス、さくら葉抽出液といった自然素材のものです。

 

プラセンタエキスは厚生労働省も認めている美白有効成分です。グリチルリチン酸ジカリウムの方には抗炎症作用があって、肌荒れやニキビの炎症を改善してくれる安全性の高い成分です。

 

甘草エキスはマメ科の植物カンゾウから、シコンエキスは紫草から、さくら葉抽出液はさくらの葉からそれぞれ抽出された植物由来の成分です。甘草エキスやシコンエキスは昔から使われていますし、さくら葉抽出液は、最近、注目の健康効果のあるものです。

 

いずれも、抗炎症作用があって、敏感肌の人にも安心して使えることができる成分です。こんな安心な成分が含まれているシミウスですが、ただ一つ、気になることがあります。

 

それは、防腐剤パラベンを含んでいることです。最近は、無添加や自然派をいうために、パラベンフリーをうたい文句にしている化粧品も増えていますが、シミウスを開発したメビウス製薬は、あえてパラベンを使っていることを公言しています。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の成分表示に「パラオキシ安息香酸メチル」というものが書いてあります。これが、防腐剤のパラベンです。

 

メビウス製薬の社長さんは、パラベンは防腐剤のなかでは最も毒性が低いこと、美容成分をたくさん含んでいる化粧品に防腐剤を入れないと、腐敗、異臭が進み、化粧品として成り立たないこと、パラベンを使用しない、となると、他の防腐剤をたくさん使うことになる。

 

これを言った後に、会社概要のなかで、「メビウス製薬は防腐剤としてパラベンを使用しているとはっきり書いています」と公言しています。こんなに正直に公言する社長さんも珍しいのでは?敏感肌の人も肌荒れしなくて助かる、という口コミもあります。

 

自分のシミ対策にシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)を使ってみたい、と思ったら、シミウスの公式サイトを参考にしてください。(楽天は今のシミウスジェルと違う可能性がありますので公式サイトをご覧ください。)

 

お試しコースという最安値でお得な定期便もあって、1本だけで解約、30日間返金保証もついているので、自分の肌にあうかどうか心配な方にとっては大変うれしい定期便になっています。

 

>>シミウスの詳細はコチラから

ホワイトニング リフトケアジェル