シミウス アトピー

MENU

シミウスは老人性色素斑や炎症性色素沈着、アトピーのシミに効く?

シミウスってアトピーにもOK?

年齢を重ねた肌に多い悩みの一つ、シミ。 

 

シミと一口に言っても 全て同じではなく いろいろと種類があるんですよね。 その中でも 私達が悩んでいるシミの種類は老人性色素斑か炎症性色素沈着が多いと言われています。 

 

では、老人性色素斑と 炎症性色素沈着、この2種類のシミが どんなものかを見ていきましょう。

 

老人性色素斑(ろうじんせい しきそはん)って?

 

シミの中でも多いタイプで 世間一般でシミといえば たいてい老人性色素斑のことを指します。 主に紫外線や 肌の老化によってできるシミですね。

 

紫外線を浴びたりして ダメージを受けた肌の内部で メラニン色素が作られます。 本来なら新陳代謝によって落ちるはずのメラニン色素が いろいろな影響によって新陳代謝がうまくいかなくなると 肌の奥に残ってしまって くすみやシミになってしまいます。

 

初期の段階だと シミウスなどのシミ対策用のジェルで 肌のターンオーバーを整えてあげれば メラニン色素が排出され 比較的短期間で シミを薄く消していくことができます。

 

でも 長年に渡ってシミとして肌に居座り続けたものは 少し時間と根気が必要かもしれません。 メラノサイトがメラニンの異常生産を引き起こしている事もあります。 ダメージを受けたことによって メラニン色素を作らなくては!と メラニン色素を作り続け 更なるダメージに備えて敏感になっているんですね。 

 

なので シミウスジェルのように シミだけでなく 肌そのものに働きかけ 肌を健やかに保つことで 肌を安心させてあげることが必要です。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせい しきそちんちゃく)って?

 

老人性色素斑の原因が紫外線や肌の老化だったのに対し 炎症性色素沈着は 傷やニキビ、かぶれなど 肌の炎症が原因です。 アトピーなどもそうですね。 一時的に赤くなったり濃い茶色になるものまで様々です。

 

傷やニキビなどで肌が炎症を起こし その周辺の色素が濃くなるのですが 一時的なものなら しばらくすれば 何もしなくても自然と消えていきます。 

 

でも慢性的な場合、ニキビやかぶれが何度も同じところにできたり アトピーで炎症を繰り返したりしていると その部分に色素沈着が起こって 炎症性色素沈着のシミになってしまいます。

 

繰り返すニキビや アトピーは 体の内側からケアして原因を解決していくことが重要ですが、できてしまった炎症性色素沈着は 老人性色素斑と同じように シミウスなど 美肌効果の高いジェルで 肌のターンオーバーを正常化し 肌を健やかに保つことでシミを薄くすることができます。

 

ただ、アトピーなど肌に炎症がある場合は 肌がとても敏感になっているので 炎症が収まるまで使用を控えた方がいいかもしれません。 また アトピーの方は肌が敏感な事が多いので パッチテストなどをしてからご利用になることをオススメします!

 

シミウスジェルで肌を健やかに保つことが シミのない肌への近道

 

老人性色素斑も 炎症性色素沈着も できる原因は違っても 対処の仕方は変わりませんね。 肌のターンオーバーを整えながら 肌の潤いを保ち 健やかな肌に育てる。

 

これが全てできてしまうのが オールインワンのシミウスジェル。  今なら返金保証に豪華特典付き! 

 

この機会にぜひ公式サイトで詳細をチェックしてみて下さい♪

 

>>シミウス公式サイトの詳細はコチラから