シミ 洗顔

MENU

シミは洗顔で消える?正しい洗顔方法と洗顔料の紹介!

シミは洗顔で良くなる?

毎日毎日ケアをしっかりしていても、いつのまにか出来てしまうシミ。

 

遺伝の影響もあると言われていますが、シミの原因は保湿不足などのケアの問題である事が多いです。

 

「毎日しっかり日焼け止めを塗って、美白化粧品を塗っているのにシミができる」という人は、一度洗顔を変えてみるといいかもしれません。

 

化粧水や美容液にはこだわっていても、洗顔までこだわってシミ対策をしている人は少ないのではないでしょうか?

 

シミは、肌のターンオーバーの乱れが原因でできます。

 

このターンオーバーは通常は28日ほどなのですが、年齢が上がるにつれてどんどん遅くなってきます。

 

ターンオーバーを正常な周期に近づけるためには、洗顔で古い角質や汚れを落とすことが大切なんです。

 

自分の肌に合っている洗顔でしっかりと汚れと角質を落として、ターンオーバーを正常にすると、できてしまったシミにも効果があります。

 

正しい洗顔の方法とシミに効果がある洗顔料を紹介するので参考にしてみて下さいね。

 

<シミを消すための正しい洗顔方法>

 

シミを消すためには、洗顔で古い角質や汚れを落とすことが重要です。

 

洗顔はたっぷりの泡で、優しく包み込むようにして下さい。

 

とにかく優しく、指先を使って小鼻のワキなどの細かい部分もしっかりと洗いましょう。

 

洗顔ネットを使うと、簡単にフワフワの泡が作れるのでオススメです。

 

角質を落とすためにはピーリングもオススメなのですが、やりすぎは肌を傷つけてしまいます。

 

ピーリングは週に一度くらいにしておきましょう。

 

ピーリングを選ぶ時は、フルーツ酸(AHA)やサリチル酸(BHA)が入っている物がオススメです。

 

最近はドラッグストアにも、この2つの成分が入ったピーリングがあるので見てみて下さい。

 

ピーリングで角質を落とした後は、いつもよりも肌の水分量が減って乾燥しているので保湿はしっかりと行ってください。

 

ピーリングで汚れや角質が取れた肌には、化粧水や美容液がグングン入り込んでいきます。

 

シミ対策に、タップリと美白化粧品を使って保湿しましょう。

 

<逆にシミが濃くなる?こんな洗顔方法はNG!>

 

洗顔の時に、早くシミを消したいからと言って肌を強くこすって刺激を与えると逆効果です。

 

シミが濃くなる可能性があります。優しく洗って下さい。

 

 

フワフワの泡を作るために洗顔ネットを使う人もいると思いますが、その洗顔ネット、衛生面は大丈夫ですか?

 

洗顔ネットを塗れたまま放置していると、菌が繁殖する事があります。

 

直接顔に触れる泡を作るものなので、しっかりと乾燥させて清潔に保ちましょう。

 

<本当にシミに効果がある洗顔料はコレ!>

 

どろあわわ

 

モデルやタレントのブログで紹介されて人気のどろあわわ。

 

洗顔後のスッキリ感が人気の秘密です。

 

マイナスイオンが汚れや角質をしっかり落としてくれて、肌がつるつるになります。

 

使ってみると、とにかく泡立ちが良いのでビックリしました。

 

洗顔後に化粧水などで保湿すると、肌にしっか浸透しているがわかるのでシミへの効果が期待できます。

 

二十年ほいっぷ

 

印象的な名前とネットで話題の広告の洗顔です。

 

余計なものがない、シンプルな見た目がとても好印象ですね。

 

肌に触れないくらいのモコモコの泡が、優しく肌を洗ってくれます。

 

洗顔後の肌はくすみがとれて、ワントーン明るくなるようです。

 

無添加なので、敏感肌の方も安心して使える商品です。

 

VCOマイルドソープ

 

この商品は、母乳と同じ成分で作られた「落とす」と「守る」を追求した理想の洗顔石鹸と言われています。

 

肌に必要なものは残し、汚れや角質などの不要なものだけを洗い流してくれるので、肌のターンオーバーを正常に近づけてくれます。

 

合成界面活性剤、香料、保存料は不使用なので、「化粧品の独特な香りが苦手」という方も安心して使える商品です。

 

この他にもシミに効果のある洗顔料はたくさんあるので、自分に合ったものを探してくださいね。

 

 

また、シミに良いと言われるオールインワンジェルのシミウスは洗顔後に塗るようにすると一番いいですよ。

 

 

>>洗顔後のオールインワンジェルなら「シミウス」