シミ くすみ 皮膚科

MENU

シミやくすみを消すのに皮膚科ではどんな治療法があるの?

シミウス,シミ,くすみ,皮膚科

シミやくすみが気になりだすと、居ても立っても居られないぐらいになりますよね。鏡を見るたびに辛くなってしまって・・・。そして、ある時、思い切って皮膚科に行くことにします。

 

皮膚科(美容皮膚科も)では、ピーリング治療やレーザー機器、イオン導入に飲み薬や塗り薬を併用することで、シミやくすみに効果的な治療をしてくれます。皮膚科の施術の内容は、クリニックによって千差万別なので、わかる範囲で調べてみました。シミやくすみで悩んでいる方は参考にしてください。

 

ピーリング治療にはグリコール酸ピーリングとサルチル酸ピーリングがあります。レーザー治療には、肝斑といって目の下や両頬に左右対称にできるシミに効くレーザーと、紫外線や年齢による一般的なシミに効くレーザーがあります。

 

イオン導入とは、微弱な電流を通して肌の奥に有効成分を届ける治療です。飲み薬としては、トラネキサム酸とビタミンC誘導体の両方が処方されることが多いです。

 

トラネキサム酸はシミになる元を除去してくれて、ビタミンC誘導体は高い抗酸化作用によってシミ取り効果が期待できます。他には、症状によって、ビタミンCと併用することで効果が増すビタミンEやハイチオールも処方されることもあります。

 

塗り薬としては、トレチノイン軟膏とハイドロキノン軟膏があります。トレチノイン軟膏は、皮フの新陳代謝を促進させて、肌の再生を促すものです。ハイドロキノン軟膏は、メラニン色素の合成を抑えるものです。

 

美容点滴もあります。高濃度ビタミンC点滴で、レーザー治療などと併用して使われます。皮膚科では、診察後、患者さんの肌にあわせた治療法をしてくれます。

 

レーザー治療については、5回で150,000円やシミ1mmについての価格設定といったぐあいに、やはり高額になってしまいます。飲み薬や塗り薬は、それ自体は高額ではありませんが、最低3カ月といったぐあいに長期間にわたることも多いので、やはりそれなりにお金はかかります。

 

そして、薬ですので、人によっては副作用がでたりする可能性もあります。結構、大変な皮膚科に行く前に、ちょっと試してみてほしいことがあります。それは、シミ対策の化粧品です。

 

シミ対策の化粧品もさまざまなものがあって、メラニンの生成を抑えるもの、メラニン色素を還元するもの、新陳代謝を促進させてメラニン色素を排泄させるものなど、含まれる成分によって効果が違います。

 

いま、口コミで人気沸騰中のシミウス(SIMIUS)は、新陳代謝を促進させてメラニン色素を排出させる美白ジェルです。美白有効成分としてプラセンタエキスを含んでいて、医薬部外品です。医学・薬学雑誌にも効果が掲載されたことのあるジェルでもあります。

 

化粧水や乳液、美容液など業界初の1個で10役も兼ねられるオールインワンジェルです。

 

シミウス(SIMIUS)は美白成分としてのプラセンタエキスだけではなく、保湿成分としてコラーゲンやシコンエキスを含んでいて、ダブルクリスタル製法という2層構造で、成分が浸透しやすくなっています。

 

2014年4月のアンケートでは、リピート率93.9%となっています。皮膚科に行く前に試してみたい、と思った方は、シミウス(SIMIUS)の公式サイトを開いてみてください。

 

成分の説明や最安値の定期便など情報満載のサイトになっています。皮膚科に行かなくてもよくなるジェルになるかもしれません。

 

>>シミ対策のオススメならオールインワンジェルの「シミウス」