シミ 遺伝

MENU

シミは遺伝?出来てしまったシミを消す方法は?

シミは遺伝?

シミができやすい人、年をとってもシミが出来ない人、様々な肌タイプの人がいますが、シミのできやすさは遺伝子の影響も少しあるようです。

 

シミの原因のすべてが遺伝子の影響ではないのですが、両親の顔にシミがたくさんある人は注意が必要です。

 

紫外線を浴びると肌がピリピリして痛い、日焼けすると肌が赤くなるという人は紫外線の影響を受けやすいタイプの遺伝子を持っていると言えます。

 

しかし、遺伝子タイプの影響もあるのですが、シミの原因は肌のお手入れ不足という事が多いです。

 

日焼け止めなどで紫外線対策をしっかりして、自分に合った化粧品でしっかり保湿していれば、シミは防ぐ事ができます。

 

最近は、出来てしまったシミに効果のある化粧品もたくさんあるので、シミに悩んでいる人にはぜひ使ってほしいです。

 

シミは遺伝だけが原因ではないので、毎日のケアでシミのない美肌を目指しましょう!

 

<遺伝子の影響でシミができる?>

 

確かに、紫外線の影響を受けやすい遺伝子を持っている人もいます。

 

しかし、シミの原因は遺伝子の影響だけではありません。

 

シミは、DNAの傷を治す力が弱い人ほどできやすいんです。

 

それに、色黒の人はメラニンの量が多いのでシミが出来にくいと言われています。

 

反対に、肌の色が白い人はシミができやすいようです。

 

肌の色が白いと、小さいシミでも目立ってしまうのでイヤですよね。

 

まわりの家族を見て「うちの家系ってシミができやすいかも」と思ったら、早めにシミ対策を始めた方がいいかもしれません。

 

特に、自分の肌に合った日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策をすることが大切です。

 

<遺伝だからってあきらめないで!日々のケアでシミは防げるんです!>

 

遺伝も少し関係するシミですが、シミを肌に作らないために一番大切なのは毎日のケアです。

 

シミができにくい遺伝子を持っている人も、日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びたり、保湿を怠っているとすぐにシミができます。

 

シミは遺伝の影響よりも、浴びてきた紫外線の量が原因になります。

 

今はいろんな種類の日焼け止めがあるので、いろいろ試してみると良いと思います。

 

美白化粧品もたくさんありますが、値段が高ければ良いという物ではありません。

 

確かに、安すぎるものはあまり良くないと思いますが、成分をしっかり確認して納得したものを使いましょう。

 

シミに効果があると言われているのは、ハイドロキノン、プラセンタ、ビタミンC誘導体などです。

 

これらの成分が入っているものは、とてもオススメです。

 

美白化粧品は使い続ける事が大切なので、最低でも2か月は使い続けましょう。

 

いろいろなメーカーのものを使うよりも、ライン使いする方がよりシミに効果があると思います。

 

<できてしまったシミを消すには?>

 

どんなに気を付けていても、シミができてしまう事があると思います。

 

そんな時は、美容皮膚科に行ってレーザーなどでシミを消すしかないと思っていませんか?

 

シミは化粧品でも消すことができるんです。

 

個人差はありますが、シミに効果がある化粧品はたくさんあります。

 

有名なものだと、シミウスジェル、アスタリフトホワイト、サエルなどですね。

 

遺伝の影響でできてしまったシミにも効果はあります。

 

私の母は顔に大きなシミがあって、私もシミができやすいのかなぁと思ってシミ対策はしっかりしていました。

 

でも、30歳を過ぎてから頬に小さなシミが出来てしまったんです。

 

とてもショックで、レーザー治療も考えたのですが怖くてなかなかできませんでした。

 

そんな時に、出来てしまったシミにも効果があるという化粧品を使い始めました。

 

シミが完全に消える事はなかったけど、少し薄くなってファンデーションで隠せるくらいになりました。

 

私のシミは遺伝の影響が大きかったと思うのすが、化粧品でも効果がありました。

 

シミは毎日のケアを頑張れば、消すこともできるし予防もできます。

 

遺伝だからとあきらめずに、ケアを続けましょう。

 

 

>>シミ対策のオススメならオールインワンジェルの「シミウス」