シミウス シミ

MENU
 

年とともに気になるのがシミ。ですが、いまあるシミは、5年前~20年前に受けた紫外線の影響でできたものといわれています。こんな長い間かかってできたシミを薄くするなんて、大変!古い角質が蓄積されてできるのがシミなのですね。「0歳から紫外線対策を」ともいわれています。紫外線によるシミの予防は早めにこまめに。そして、肌の摩擦から起こるシミ対策としては、肌をごしごししない、卵を扱うように肌を扱うことが大切で...

 
 

シミ、消したいのに、なかなか消えてくれない!シミを消すって大変ですよね。ですが、シミにとらわれすぎると、気になってストレスになってしまいます。ストレスは、美肌の敵です。そこで、メイクでシミの隠し方をみつけて、ストレスをなくしましょう。メイクでシミを隠すには、ファンデーションを使うシミの隠し方と、コンシーラーを使うシミの隠し方の2通りがあります。それぞれ、調べてみました。ファンデーションを使ったシミ...

 
 

シミは治らない、なんて思っていませんか。シミができるまで皮フは何回も生まれ変わって、長期間かかってできてしまったから、確かに即効ではシミは消えないですよね。ですが、シミが消える食べ物は確かにあります。ビタミンCを含む食べ物です。こんな食べ物にビタミンCはたくさん含まれています。赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、明太子、柿、モロヘイヤ、いちご、ハム、ベーコン、焼きのり、味付けのり。どれも簡単に手に入る...

 
 

シミができやすい人、年をとってもシミが出来ない人、様々な肌タイプの人がいますが、シミのできやすさは遺伝子の影響も少しあるようです。シミの原因のすべてが遺伝子の影響ではないのですが、両親の顔にシミがたくさんある人は注意が必要です。紫外線を浴びると肌がピリピリして痛い、日焼けすると肌が赤くなるという人は紫外線の影響を受けやすいタイプの遺伝子を持っていると言えます。しかし、遺伝子タイプの影響もあるのです...

 
 

毎日毎日ケアをしっかりしていても、いつのまにか出来てしまうシミ。遺伝の影響もあると言われていますが、シミの原因は保湿不足などのケアの問題である事が多いです。「毎日しっかり日焼け止めを塗って、美白化粧品を塗っているのにシミができる」という人は、一度洗顔を変えてみるといいかもしれません。化粧水や美容液にはこだわっていても、洗顔までこだわってシミ対策をしている人は少ないのではないでしょうか?シミは、肌の...

 
 

シミとそばかすは同じものと思っている人も多いかもしれませんが、この二つは原因も特徴も全く違います。そばかすは頬の上部にできる茶色の斑点のことで、主に遺伝が原因です。そして、そばかすは春から夏にかけて色が濃くなるという特徴があります。シミの原因は遺伝だけではなく、紫外線によるもの、肌のお手入れ不足などがあります。シミもそばかすも、どちらも顔に出来て悩んでいる人は多いと思います。シミは年齢を感じさせる...

 
 

毎年毎年、夏が終わると肌に出てくるシミ。「年齢のせいだから、仕方ない」とあきらめていませんか?どんなにUV対策をしていてもシミができるなんて本当に厄介ですよね。それに、シミには隠れシミというものもあります。今はキレイな肌でも肌の奥にはシミのもとがあって、ある日突然シミになって出てきます。そんなシミやシミ予防には、ある食べ物が効果的って知っていますか?普段口にする食べ物に気を付けるだけで、シミは防ぐ...

 
 

シミやくすみが気になりだすと、居ても立っても居られないぐらいになりますよね。鏡を見るたびに辛くなってしまって・・・。そして、ある時、思い切って皮膚科に行くことにします。皮膚科(美容皮膚科も)では、ピーリング治療やレーザー機器、イオン導入に飲み薬や塗り薬を併用することで、シミやくすみに効果的な治療をしてくれます。皮膚科の施術の内容は、クリニックによって千差万別なので、わかる範囲で調べてみました。シミ...

 
 

シミ消したい!人にとっては、ドラッグストアで市販されていて簡単に手に入る化粧品が自分にあえば、一番、うれしいですよね。美白化粧品を買う時は、自分の消したいシミの性質を知って、最適なものを見つけることが必要です。市販されている、シミ対策でお馴染みの化粧品のなかでも、人気があるものを調べてみました。成分や価格、口コミも参考にコスパがいいか、自分にあうか、続けられそうか検討してください!雪肌精クリームエ...

 
 

シミにはスキンケアだけではなくて、毎日の食生活も大切ですよね。ですが、正直なところ、毎日、気をつけるのは大変!そこで頼りになるサプリがあれば、ちょっと気が楽になります。いま、シミ対策に人気のサプリは、「L-システイン」と「ビタミンC」が有効成分になっているもの。よくネットにでてくるのが「ハイチオールC」と「ロスミンローヤル」です。「L-システイン」と「ビタミンC」の配合量では、断然、ハイチオールC...

 
 

家になんとなく生えているアロエ、その見た目から庭の観葉植物たちの景観をいちじるしく邪魔させているなー。と思い抜こうとしたら家人に役に立つからそのままにしておいてと言われました。なんか話を聞くと切り傷とか火傷とか色々使えるんだとか。そうか、そういう事ならそのままにしておこうと一段落して、後日、なんと母が顔にアロエを塗っているではないですか!(顔に火傷も怪我もしていないのに)何しているの?と聞いたらシ...

 
 

油物を食べればニキビがでるように体の内側の不調は表面にサインとして出てくるものです。よく顔にできるシミはその場所によって体の不調が違うといいます。例えば肝斑は肝臓の調子が悪い。などなど、そのときの不調のサインをうまく汲み取ることで病気を未然に防ぐことができます。普段できたとしてもなにも感触を感じない「シミ」も重篤な病気のサインになると痛みを感じるそうです。今回はシミが痛いときに考えられる病気をアレ...