トラネキサム酸の効能と副作用!?

MENU

トラネキサム酸の効能と副作用!?

シミやそばかす、肝斑などに有効な成分として知られるのがトラネキサム酸です。トラネキサム酸(トランサミン)はアミノ酸の1種でメラニンの生成を抑える作用があります。他にも炎症の抑制などにも効果を発揮します。

 

アミノ酸の1種であるトラネキサム酸は抗炎症、抗アレルギー効果、止血効果を持っており、湿疹やじんましんの止血、治療に使われています。1979年には肝斑にも改善効果が見られた事から、肝斑の治療にも使用されるようになりました。

 

成分含有量にこそ差はあるものの、現在は肝斑治療目的とした薬を皮切りにシミやそばかすを治療するための内服薬、美白効果のある化粧水なども出回るようになっています。

 

シミの素になっているメラニンを作り出す細胞『メラノサイト』は、紫外線を浴びる事で『メラノサイト』は周りにある肌細胞から、メラニンを生成させると言う情報が伝達されます。

 

トラネキサム酸は『プロスタグランジン』と言う伝達された情報の中にあるシミ発生物質などをブロックする事で、シミやそばかすの原因であるメラニンを生成を防ぎます。

 

また『メラノサイト』の活性化が肝斑の1因として挙げられます。その原因の1つとしてタンパク質分解酵素の『プラスミン』が肝斑の発症に影響があると考えられています。

 

抗プラスミン作用を持つトラネキサム酸は、メラニンが作られるよりも前の段階で『メラノサイト』の活性化を阻止。肝斑の発症を抑えると言われています。つまるところシミが出来る初期段階で、シミが出来るのを防ぐわけです。

 

ちなみに肝斑の発症には女性ホルモンがすくなからず関係していると考えられますが、トラネキサム酸には女性ホルモンの乱れを調整するような効果はありませんので、予め留意しておきましょう。

 

肝斑、シミに非常に有効なトラネキサム酸ですが、少なからず副作用があります。他の薬に比べれば副作用の少ない方ですが、食欲不振や胸やけ、眠気、嘔吐と発疹などがあります。その時は速やかにドクターに相談しましょう。

 

また妊娠中、授乳中の方も異常を感じたらすぐにドクターと薬剤師に相談するように心掛けましょう。

 

妊娠と同時に肝斑に掛かりました…(33歳・女性 Yさんの口コミ)

 

今までシミとかになった事がなく、妊娠してからシミが出来ていやだなぁ…って思っていたら左右対称にあるじゃないですか。あ、これは肝斑だ。と悟ったように納得してました。

 

悟ったからと言っても嫌なものは嫌なので、先生に相談してみましたがトラネキサム酸は肝斑に対しては予防と言う意味で効果が強く、肝斑の改善効果も期待は出来ますが正直お勧めは出来ない、と言われました。。

 

後はトラネキサム酸は基本的に大丈夫な薬と言われていますが、弱いとは言えトラネキサム酸は副作用を持っている為、胎内に子供がいる場合は万が一が起こる可能性もあります。美容目的なら止めておいた方が無難でしょう。

 

美容目的と言われればそうなので。少量のトラネキサム酸を出してもらって飲用する事にしました。やっぱり赤ちゃんが一番大事ですもんね。

 


 

妊娠中のトラネキサム酸はほぼ大丈夫ですが、妊娠中には飲むのを禁忌としている薬もあります。身近なところで言えば風邪薬はNGです。注意しておきましょう。

 

とにかくもトラネキサム酸は肝斑、シミやそばかすに高い効果が期待出来ますので、トラネキサム酸を豊富に含んだ薬や化粧品などを選ぶようにしましょう。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」についてはこちら