肝斑 シミ スペクトラ

MENU

肝斑やシミに有効?スペクトラ【肝斑の改善が今なら出来る!?】

スペクトラと言うものをご存知でしょうか?レーザー治療の一種なのですがシミだけはなく肝斑の治療も可能とした新しいレーザー治療法です。肝斑と言えばレーザー治療が出来ない症例として長年壁となっていました。

 

レーザー治療はシミなどに大きな成果を残してきました。しかし肝斑は通常のシミとは異なりレーザーによる治療が困難とされてきたのです。そこで登場したのが韓国の医療・美容機器メーカーのルートロニック社が開発したスペクトラです。

 

シミなどを治療する場合は色の濃い物だけダメージを与えるようになっています。中でもスペクトラにも使用されているQスイッチYAGレーザーは、532ナノメートルと1064ナノメートルの2種類の波長の異なるレーザーを治療目的に応じて切り替えが可能になっています。

 

QスイッチYAGレーザーを扱えるレーザー機器はいくつかありますが、その中でもスペクトラはトップハットモードの安定した照射が行える事、ロングパルスのレーザーを搭載しています。

 

ロングパルスとはそばかすやシミの治療に有効とされる短波長(ショートパルス)と長波長(ロングパルス)のレーザーがあるわけですが、ロングパルスレーザーの方は肌の真皮層へ働きかける事でニキビ肌の治療、肌質の改善を目的としています。

 

対してトップハットモードは、それまでのレーザーはガウシアン型と呼ばれる出力タイプでした。しかし照射されるエネルギーが中央に集中してしまい、どうしても強い部分と弱い部分が出来、ムラが生じていたのです。

 

ですがスペクトラのトップハットモードではトップハート型と言うレーザーを均一に照射出来るタイプが開発されたのです。スペクトラの期待出来る効果は
5つ。肝斑の解消、シミ、そばかすの除去、痣の治療に刺青やアートメイクの除去と肌質の改善です。

 

中でも特筆すべきは肝斑の解消が行える事でしょう。肝斑ってシミと同じじゃないの?と思われる方もいるかも知れませんが、厳密にいえば肝斑とシミは違う症例だと思った方が良いでしょう。

 

そもそも肝斑はホルモンバランスの乱れ、洗顔、メイクやマッサージなどの摩擦が顔の皮膚の物理的な刺激によって生じている炎症が原因だと言われてきました。従来のレーザー治療ではレーザーの出力の高い部分が炎症を刺激、これにより肝斑が悪化していたのです。

 

ですがレーザーの出力が一定なスペクトラでは、与える刺激を最小限にメラニン色素だけに働きかける事が出来るようになったわけです。尚このようなレーザー治療法ではルートロトーニングと呼ばれるようですね。

 

肝斑治療に効果を発揮するスペクトラですが、問題点がないわけではありません。それはレーザー治療には常に付きまとう問題ですが、1回1回のレーザー医療費が安くはない点です。いや、むしろ高いと言えるでしょう。

 

もしレーザー治療法を使わなくても、肝斑を消せる方法があるとしたらどうしますか?そんなのあるの?と思われるかも知れませんが、実はあるのです。肝斑に効果的な化粧品が。是非一度お試し下さい。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」についてはこちら