肝斑 シミ そばかす ADM

MENU

そばかすやADMについて

シミの種類には、老人性色素斑(紫外線による一般的なシミ)、肝斑、そばかす、ADMがあります。ADMは聞きなれないかと思いますが、正式には「後天性真皮メラノサイトーシス」といって、「遅発性太田母斑様色素斑」ともいわれ、あざの一種でもあります。

 

ADMは老人性色素斑、そばかす、肝斑を併発している場合が多く、診断が難しいシミです。それぞれ対策、治療法があります。大きく分けて、次の5つです。

  • レーザー治療
  • 外用薬治療(ハイドロキン、トレチノイン)
  • 内服薬治療(トラネキサム酸、L−システイン)
  • サプリメント
  • 美白成分の入った医薬部外品の化粧品

レーザー治療は回数や期間などの違いはありますが、老人性色素斑、肝斑、そばかす、ADM、すべてに効果が期待できます。ハイドロキノンは外用薬として、どのシミにも有効です。トラネキサム酸の内服薬は、肝斑の場合のみです。

 

サプリメントや化粧品は、肌のタイプ別に選ぶことで効果が実感できます。レーザー治療と他の対策や治療との決定的な違いは、施術をする、ということです。レーザー治療とは、シミに麻酔クリームを塗って、シミの種類に応じたレーザーを照射することでシミを焼く施術のことをいいます。

 

肌に軽いやけどをさせるのです。他の治療は毎日、コツコツと塗ったり、飲んだりして治療をするのに、レーザーは短期間で治療ができます。やった人とやらない人の差は常にありますが、やった人はやってよかった、という口コミも多いです。

 

化粧品やサプリメントにたくさんお金をかけてきたのに、たいして改善しなかったシミが、短期間で思っていたほどお金もかからず消えるのは、本当にうれしい、という口コミです。

 

どうしてもレーザーの治療に踏み込めない人の心配は、施術だけではなく術後のこともあります。レーザーで焼くことで肌のバリア機能がなくなって、よけいに肌トラブルも増えるのではないかとか、術後から日常生活に戻るまでの期間(ダウンタイム)も心配です。

 

だったら、サプリメントや安心な美白化粧品を使ってコツコツできる範囲でやっていこう、というのがレーザー治療を望まない人の意見です。レーザー治療をやった人は、やらない人以上に紫外線や保湿に気をつけるのは、確かなようです。

 

内臓の手術をやった人は、やらない人より身体を大切にしないといけないのと同じですね。サプリメントや医薬部外品の美白化粧品も、肌タイプに応じて成分にこだわったものがたくさん出回っています。

 

美白化粧品でいえば、最近、人気のあるものは時短効果のあるもの。1個で何役もできるオールインワンジェルが人気です。トラネキサム酸を含んでいる化粧品もありますし、女性ホルモンのバランスもとれるプラセンタエキスを高配合している化粧品もあります。

 

これらの化粧品は、肝斑で悩んでいる人にも効果が期待できるものです。レーザーで治療する、しないに関わらず、食生活や運動の見直しをするのは前提で、サプリメントや美白化粧品を使いながら絶えずスキンケアを行うことは、どのシミの場合でも同じです。

 

サプリメントや化粧品は、自分が長続きできるものを選んでください。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら