肝斑 産後

MENU

産後、肝斑やシミは増える? 肝斑の予防に3つの方法

産後は、女性にとって大変な時期です。長かった妊娠期間を終えると、女性ホルモンの乱れによって、美容面、肉体面、精神面、すべてにおいて、妊娠中とは違う、思いもしない変化が起こってきます。

 

産後の美容面の変化

シミが薄くなる

妊娠中、濃くなったり、増えたりしたシミが、産後は徐々に薄くなっていきます。妊娠中、増えたプロゲステロンという女性ホルモンが、シミを作り出すメラノサイトを刺激するので、一時的にシミが濃くなったり、増えたりするのです。産後、プロゲステロンの減少によりシミも薄くなります。

肝斑になりやすくなる

肝斑になる原因は女性ホルモンの影響が大きい、といわれています。産後は、一番、肝斑になりやすい時期でもあります。肝斑にならないよう、保湿を意識したスキンケアと、トラネキサム酸入りの美白化粧品を使ったシミ対策ケア、それにストレスがかからないような生活をしましょう。

美肌ホルモンが急激に減少

妊娠中、活発に働いていたエストロゲンという美肌ホルモンが、産後2日目から急激に減ります。

 

エストロゲンの減少によって、肌のハリや髪のツヤが衰え、肌の老化が進みます。エストロゲンに似た成分である大豆イソフラボンを食事からとることや、身体をゆっくり休める環境を作るなど、ストレスを緩和する生活を意識してするようにします。

 

産後の肉体面の変化

体重が安定しない

出産後、すぐに体重が戻ると思っていた人は、なかなか元にもどらないと、急激なダイエットをしたくなります。ですが、思うようにならない育児や疲労が重なって、体重が安定しません。産後、1ヶ月程度はダイエットは控えるようにします。

尿もれや腰痛になることも

産後、骨盤が広がり、骨盤のなかで内臓を支えている骨盤底筋が弱くなって、くしゃみなどで腹圧がかかると尿もれが起きたりするようになります。また、開いた骨盤が産後、元に戻ろうとする時に歪んでしまうと腰痛の原因になります。

 

テレビを見ながらでもできる骨盤底筋体操があるので、体調がいい時に試してみてください。

 

産後の精神面の変化

 

これが一番、つらいかもしれませんね。
待ち望んでいた赤ちゃんなのに、かわいく思えない、育児が楽しくない、身体が回復しない、死にたくなるなど「産後うつ」といわれる病気にかかることもあります。

 

産後、数週間から数ヵ月の間に発症することが多く、治るのに長期間かかることもあります。一般的なうつ病と同じで、真面目で完璧主義で、人に甘えられない人がかかりやすい、といわれています。

 

今は、家事や育児だけではなく仕事のことも考えなくてはならないママさんも多いので、ストレスは倍増しています。すべてを片付けようと思わないで、後回しにできることは後回しにして、甘えられる人には十分、甘えさせてもらって、産後、少なくとも1ヶ月は体調の回復だけに集中するようにしましょう。

 

育児や家事、そのうえ自分の肌トラブルや体重、おまけに仕事への復帰のことなど、産後は考えることがたくさんありますね。自分に合うマッサージクリームを使って、ゆっくり優しく自分の肌をマッサージする時間をもつことで、ストレスが緩和することもあります。

 

こういう時は、保湿成分をたくさん含んだオールインワンジェルのような美白化粧品は、時短効果があるので、忙しいママさんにとっては役に立ちます。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら