肝斑 薬

MENU

肝斑を消そうと飲み薬を飲む前に

肝斑消す薬

目の下に左右対称に広がるシミ、肝斑。紫外線でできたシミと間違われることもあります。皮膚科で「肝斑」といわれたら、飲み薬を処方してもらえます。肝斑に効く飲み薬というと、浮かぶのがトラネキサム酸ですね。

 

トラネキサム酸は、もともと止血剤として使われていたのに、肝斑やシミに効くという思わぬ効果が見つかって(肌については、こういうことが多いです)レーザーでは効果がいまひとつだった肝斑の飲み薬として、広く使われるようになりました。

 

トラネキサム酸は、メラニンを作り出すメラノサイトの活性化を抑制して肝斑の生成を抑える、肝斑に悩む人にとっては強い味方の飲み薬です。

 

ただ、止血剤として使われていたぐらいですから、心筋梗塞や脳梗塞などの血管系の病気をもっている方や、腎臓系の病気をもっている方、妊娠中の方などは、医者に相談してから使用してください。

 

副作用の少ない成分ですが、食欲不振や胸やけ、嘔吐、発疹などが症状としてでることもあります。市販されている肝斑治療薬の「トランシーノU」には、トラネキサム酸が配合されています。

 

8週間で効果が実感できる、といわれています。ただし、それ以上飲んだ後の有効性や安全性については実証されていません。

 

また、肝斑は30代〜40代の女性に多いので、女性ホルモンと関係があるともいわれていますが、トラネキサム酸は、女性ホルモンの乱れを整えるような成分ではありません。

 

メラニンの生成を抑える作用と炎症を抑える作用で、肌荒れやシミ、そばかすに効きます。飲み薬は、やはり副作用が心配ですね。そういうこともあって、いまは塗るトラネキサム酸もあります。トラネキサム酸を含む美容液もあります。

 

飲み薬に抵抗がある方は、塗るトラネキサム酸を試してもいいかもしれません。トラネキサム酸以外で、メラニン抑制作用があるものとして厚生労働省から認可を受けている美白成分があります。

 

ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、プラセンタエキスなどです。

 

飲み薬に抵抗を感じたり、副作用が心配な方は、こういった成分を含んでいる医薬部外品の美白化粧品を、皮膚科で処方されたトラネキサム酸を飲む前に試してみるのもいいでしょう。

 

美白化粧品を使う以外で、日常生活で気をつけることは...

  • 紫外線を常にブロックする
  • 日焼け止めを必ず使う
  • 食事やサプリメントでビタミンCをとるようにする
  • シミを消すことだけではなく、保湿や肌を大切に扱うことも忘れない

があります。肝斑は、特に女性ホルモンとの影響も関係しているようなので、更年期以降、60歳以上になると、肝斑も自然に治り、以後、発生しない、といわれています。ですが、そこまで肝斑を野放しにもできませんね。

 

上の生活習慣で気をつける以外にも、ストレスフリーな生活をすることも肝斑には大切です。シミを気にするあまり、それ自体がストレスになってしまうこともあるので注意してください。飲み薬を飲む前に参考にしてください。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」についてはこちら