シミ レーザートーニング

MENU

シミをレーザートーニングで消す前に家でもできる方法を

シミ

シミ消したい!けれど、飲み薬やレーザーはイヤ。飲み薬は副作用が心配だし、レーザーはお金がかかる。できれば、敏感肌でも安心して使えるような美白化粧品でシミを薄くしたい!こういう人はまだまだ多数派ですよね。

 

今までシミ、特に肝斑はレーザーを使うと逆効果、飲み薬のトラネキサム酸で治すしかない、といわれてきました。ですが、メドライトC6という機器でレーザートーニングという特殊な照準技術を使えば、肝斑にも効果があることがわかってきました。

 

このレーザートーニング、最初は非常に弱いパワーでレーザーを肌にあてて、長い波長のレーザーを使って基底層という一番肌の奥にまでレーザー光線が届いてシミを薄くしてくれるのです。

 

肌への負担が少なくて、レーザー初心者にも向くレーザートーニングですが、期間を変えて何回も通院することになるので、時間的にも経済的にも続けられるかな、と心配になります。ですが、ちょっと試してみたくもなりますね。

 

その前に、自宅でできるシミが薄くなる方法も試してみませんか。

 

シミになりにくい体質づくりとシミができにくいスキンケア、そして、自分に合ったシミ対策の美白化粧品、こういう地道なことを積み重ねていくと、シミも徐々に薄くなっていって美肌になっていくのです。

 

レーザートーニングは終わってすぐにメイクもできますが、アフターケアーも大事ですし、またシミができたらまたレーザーで、というふうになっていきがちです。

 

レーザーでシミを薄くするのも、確かにあり、ですが、その前に自宅でできるシミ対策をしてからレーザートーニングにチャレンジしてもいいですよね。

 

自宅でできるシミが薄くなる方法としては

  1. シミになりにくい体質づくり
  2. シミができにくいスキンケア
  3. 自分に合ったシミ対策の美白化粧品

この3つが考えられます。

 

 

@体質づくりとは生活習慣です。食事、睡眠、適度な運動はいうまでもなく、そのなかで肌に一番よくないのは「気にすること」。シミが気になりだすと、小さなシミも大きく見えるようになることも。

 

気にすることがストレスになってしまって、ますます美肌から遠ざかってしまいます。ストレスがあると、睡眠にも影響します。気にしないこと、というのも体質づくりに関係してきます。

 

食生活では、野菜をまんべんなくとること、季節の果物を食べること、その他では抗酸化作用のあるアスタキサンチンがとれるシャケやイクラ、肌の代謝を高めるレバーなども意識してとりましょう。

 

紅茶、コーヒー、緑茶もカフェインがあるので、飲みすぎには気をつけたいですね。ビタミンCは水溶性で排出されやすいので、サプリメントで補うこともいいです。

 

Aスキンケアで一番大切なのは洗顔です。摩擦ジミができるもとになるゴシゴシ顔洗いは止めます。十分、洗顔フォームを泡立てて、力を加えず、ほとんど「0g」のような圧力で顔を洗ってください。

 

B美白化粧品もいろいろ種類がありますが、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など安全でお馴染みの美白成分が高配合されていて、自分の肌にあうような化粧品をみつけてください。

 

今できたシミは、5年前〜20年前ぐらいに紫外線にあたった影響といわれています。シミ対策は、手堅く地道に続けることが大切ですね。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」についてはこちら