肝斑 クマ

MENU

茶、青、黒のクマ、肝斑、シミ、全部消すのは何?

肝斑の画像をみると、目のまわりの骨がくぼんだところに、くぼみに沿って肝臓のような形をした左右対称のモヤっとしたシミがみえます。

 

これが典型的な肝斑です。目の下だけではなく、額や鼻の下、口まわり、首にもできます。

 

目の周りの骨のくぼみにできる肝斑は、目の下にクマがあると、よけいに目立ってしまいます。クマがあって、そのうえシミや肝斑ができていると悩みは深刻です。辛いですね。

 

クマも肝斑もシミも消したい!ためには、まず、自分のクマがどういう種類のクマなのか、見分けることが大切です。

 

クマは、大きく分けて3種類あります。茶グマ、青グマ、黒グマです。

 

クマの見分け方

正確な診断は、やはり皮膚科や美容クリニックでしてもらう必要があります。医者にかかる前の自己判断の参考としての、クマの見分け方があります。

 

青グマは血行不良でできるクマなので、目の周りの皮フを少し引っ張っると、うっ血した血液が和らぎ薄くなります。黒グマは目の筋肉のたるみでできた影なので、鏡を持って顔を上に向けると、影が消えて薄くなります。

 

茶グマは色素沈着でできるクマなので、肌の表皮に色がつく一般的なシミと同じで、どんな見分け方をしても色が薄くなりません。クマの種類に応じて対処法があります。参考にしてください。

 

クマの種類と対処法

@茶グマ

紫外線による色素沈着や目のこすり過ぎ、クレンジングのやり過ぎなどによるもの。一般的な紫外線によるシミである老人性色素斑の対処法と同じになります。

対処法
  • 美白成分の入った医薬部外品の化粧品を使う
  • クリニックで処方されたハイドロキノンやトレチノインを使う
  • イエローのコンシーラー、なければ自分の肌より少し暗めの色のコンシーラーを上手に使うと目立たなくなる

A青グマ

ストレスや目の疲れによる血行不良が原因。

対処法
  • リンパマッサージやホットパックなどで血流をよくする
  • 目元はすべりのよいアイクリームやマッサージクリームを使って負担のかからないよう指の腹で、または力がかからない薬指でマッサージする
  • オレンジ系のコンシーラー、なければ自分の肌より少し暗めのコンシーラーを使うと目立たなくなる

B黒グマ

加齢によるたるみ、皮フのへこみなどが原因。色素沈着ではなく、影のようなもの。

対処法
  • むくみ対策としてのリンパマッサージ
  • 乾燥させないよう十分な保湿
  • レーザー治療

が有効です。

 

茶グマは色素沈着なので、小さな肝斑やシミが混ざっていることも多いです。肝斑に効く、市販されているトラネキサム酸入りの医薬品を使うのも対処法の一つです。

 

睡眠不足や食生活、運動など基本的な生活習慣を見直すことは、すべてのクマの改善に必要なことです。クマに病気が隠れている場合もあります。

クマがこんな病気の兆候になることも

  • 鉄欠乏性貧血
  • バセドウ病→甲状腺が過剰に分泌されて起こる病気。眼球が飛び出るようになったり、黒クマができることもある
  • 肝臓疾患や腎臓疾患
  • アトピー性皮膚炎や花粉症→目のまわりのデリケートな皮フに花粉やハウスダストがついて炎症を起こしてクマができる
  • うつ病→自律神経が失調することで、全身の血流が悪くなって血行不良によるクマができる

目は「心の窓」だけではなく、「全身の窓」ですね。大事にするためには、紫外線やストレスを避け、自分に合った日常のスキンケアを大切にしてください。

 

スキンケアとしては、プラセンタエキス入りのオールインワンジェルは、女性ホルモンのバランスを整える働きもあるので、時短効果とともにストレス軽減にも役立ちます。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら