肝斑とは

MENU

肝斑とはどんなもの?

肝斑消す薬

最近、よく聞く肝斑。肝斑とは何?シミの種類みたいだけど、何か内臓(肝臓)が悪くて、そのせいでシミになるような、ちょっと怖いシミ、みたいな気もします。

 

調べてみると、肝斑の「肝」は、確かに肝臓の「肝」なのですが、肝臓の形に似ていることで使われているようです。

 

紫外線の影響でできるシミは円形ですが、肝斑はモヤっと広がっているので、一見、肝臓のような形にもみえます。

 

肝斑の「斑」は「まだら」という意味なので、肝斑とは、肝臓のような形をしたシミがまだらに散らばっている状態をさしています。普通のシミとは、ちょっと違って厄介な感じですね。

 

普通のシミの原因は紫外線の影響や加齢現象、あるいは遺伝なのに、肝斑とは女性ホルモンの影響を受けるシミで、減少が始まる30代後半から、分泌が乱れてくる40代、そして更年期の50代前半までにみられる現象です。

 

閉経後や60歳過ぎてホルモンバランスが安定すると、肝斑ができることはほとんどなく、その頃には消えるか薄くなってきます。

 

症状としては、頬骨の上に左右対称にできることが多く、鼻や鼻の下、目の下にもできますが、左右対称にできるのが特徴です。相手の目を見て話す時は、相手から見られている、と思うと、ちょっと辛いですよね。

 

ですが、自己診断は難しく、肝斑でない時もあります。皮膚科で診断してもらうのが一番ですが、その前に次のチェックリストでおおよその検討をつけておくと、皮膚科に行って何を聞かれても答えられます。

 

肝斑かどうかのチェックリスト

  • 年齢は30代〜50代前半ですか。
  • あなたのシミは左右対称になっていますか。
  • 円形のシミではなく、もやっと広範囲に広がっているシミですか。
  • 目のまわりにはシミはありませんか。(目のまわりだけは縁取りのように白い)
  • 妊娠、出産でシミができましたか。
  • 経口避妊薬を長年、使っていますか。

年齢、左右対称で円形でないシミ、女性ホルモンの影響を受ける妊娠、出産、避妊薬の影響でシミができた場合など、肝斑の特徴があるかどうか、チェックしてみてください。

 

そして、肝斑のような気がしたら、一度、皮膚科に行って相談してください。内服薬や塗り薬をもらえます。でも、これで安心はできません。肝斑は、他のタイプのシミを併発することもあるのです。

 

紫外線を受けることで肝斑の色が濃くなったりします。また、肌をゴシゴシこすることで、肝斑がさらに広がることもあります。他のシミと同じ、日常生活での注意点が必要です。

 

注意点としては

  • 紫外線を完全にブロックする
  • 日焼け止めを欠かせない
  • 肌をゴシゴシこすらない
  • シミ対策の美白化粧品を使って保湿もする

があります。さらに、ストレスをためないこと。ストレスをためると、女性ホルモンの調子も狂ってきて、ますます肝斑が発生しやすくなります。シミを気にしすぎることもストレスになります。

 

シミ対策の美白化粧品は、厚生労働省が認可している美白成分を含む医薬部外品が安心です。参考にしてください。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」についてはこちら