肝斑 シミ イオン導入

MENU

イオン導入器で美容成分はしっかり届くの?

エステサロンやクリニックでしかできなかったイオン導入が、家庭でイオン導入器を使って手軽にできるようになりました。イオン導入器によって、シミ予防のビタミンC誘導体や、シミに効いて美白効果があるプラセンタが、直接、肌の奥にまで届くなら、うれしいですね。

 

とはいっても、イオン導入器に向かない美容成分もありますし、肌に直接、届く分、混ざりけのないものでないといけないので、イオン導入器用の美容液や化粧水を購入する必要もあります。

 

肝斑に効くといわれているトラネキサム酸のような成分は、家庭用のイオン導入器ではとても無理です。肝斑には、内服薬や最新式のレーザー治療が最適です。

 

肝斑はダメでも、上手に使えばシミには効くかもしれませんが、イオン導入器は価格もバラバラ、やり方もまちまちでどれを使っていいか、わからない方も多いでしょう。ですが、イオン導入の原理は、とても理に適っています。

 

肌の組織には、外界の刺激から肌を守るためにバリア機能があります。そのため、いくら肌にいい化粧品を使っても肌の一番上層の角質層のみで、肌の奥の方までは浸透しにくいのです。

 

そこで、イオン導入器の非常に弱い電流を使って、化粧水や美容液をイオン化させてバリア機能を突き抜けて肌の奥まで届けるようにしたのです。シミの予防になるビタミンC誘導体や、美白効果のあるプラセンタは、イオン導入器に向いているといわれています。

 

一方、保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンは分子が大きすぎて、イオン導入器では使えない成分です。イオン導入器用の化粧水や美容液を使わなくてはいけないこと以外のデメリットとしては、何となく使わなくなってしまいがち、ということもあります。

 

手でやる場合より何十倍もの効果がある、といわれているイオン導入器ですが、手で触ることで肌の状態をチェックできていた感覚が感じられなくて、効いている実感がない、ということもあるようです。

 

イオン導入器は電流によるスキンケアなので頼り過ぎないように、あくまでも補助的に使うようにした方が効果的です。手でやるマッサージ、特にリンパマッサージは気持ちがいいうえに、毎日、続けることで効果もたくさんあります。

 

小顔、リフトアップ効果

たまった老廃物が排出されるので、むくみがとれて小顔やリフトアップの効果も期待できます。

 

肌のハリができる

血行がよくなるので、肌のハリが生まれます。

 

肌トラブルの改善

肌の新陳代謝がよくなるので、目の下のクマ、しわの改善も期待できます。

 

注意点としては、

  • 力を入れ過ぎない
  • 自分に合うマッサージクリームを使う
  • できるだけ毎日、続けること

が、あります。やり方としては、美肌に関わるリンパが集中している場所である、美肌のもとになる耳下腺、首にある頸部リンパ節、全身のリンパが集まる鎖骨の3つの場所を意識してやることが基本です。

 

目元は皮フが薄いのでマッサージクリームは多めに塗って、目元を優しくぐるりとマッサージした後、耳下腺を伝わって鎖骨に流すようにします。繰り返して、3分程度で終えれば十分です。

 

オールインワンジェルのように1個で何役も兼ねられるものは、マッサージの後の化粧水、乳液、下地も省略できるので時短効果があります。参考にしてください。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら