肝斑 シミ エンビロン

MENU

紫外線対策にエンビロンは良いの?

ドクターズコスメのなかでも、皮膚科ではなく形成外科のアフリカのドクターが開発したのはエンビロンです。

 

アフリカというと灼熱の太陽を思い出しますが、このドクターも光老化に着目して、シミ、肝斑、たるみなどの肌の老化は太陽光線を浴び続けることで生じるものだ、ということで、徹底的に紫外線対策用のエンビロンを開発しました。

 

紫外線によるシミや肝斑を予防する成分としては、ビタミンCを吸収しやすくしたビタミンC誘導体があります。ですが、エンビロンはビタミンAに注目しています。

 

ビタミンAといってもトレチノインやレチノールではなく、エンビロンはベータカロテンを含んでいます。このベータカロテンが、シミや色素沈着に作用して改善してくれて、新陳代謝も活発になるので古い角質がはがれて美肌になるのです。

 

ベータカロテンには紫外線によるダメージを軽減する作用があるだけではなく、必要なビタミンAを吸収した後は、残りのビタミンAは抗酸化作用として働く、ということで、年齢に関係なく肌が改善される、女性にはとてもうれしい成分なのです。

 

このエンビロン、効く人には効果が大きいようですが、口コミをみてみると、ちょっと気がかりなところもありそうです。

 

価格が高くで続けられない
ジェルの後にクリームをつける感覚になじめない
ビタミンA反応があるのでは?
ホームケアとプロフェッショナルケアがあって、やっぱり併用しないと効果はない?

 

ひとつひとつ、みていきましょう。@エンビロンには、プロビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB5、ベータカロテン、ルイボス葉エキス、ハニーブッシュ葉エキス、ローズマリーエキスなど、普通ではあまりみられない成分も含まれているので、どうしても価格が高くなります。

 

A洗顔の後にジェルをつけて、その後に保湿クリームをつける、という2ステップは、やはり馴染みがないですよね。

 

BビタミンA反応とは、ビタミンAを塗ると、一時的に肌が荒れてしまう反応をいいます。好転反応でもあって、症状が治まると生まれたての肌のようにキレイになります。人によっては赤みがひどかったり、ピリピリするなどの強い反応がでます。

 

Cネットで販売もされていますが、クリニックやエステサロンなどで購入することをオススメしています。

 

最近の化粧品の傾向は、忙しい女性のために時短効果のあるもの、そして、シミ対策、ニキビ対策といった具合にはっきりした目的別に分かれているものが人気があります。

 

エンビロンは光老化に着目しているので、シミや色素沈着には改善が期待できます。女性ホルモンに原因があるといわれている肝斑や、時短効果を望む女性にはちょっと向かないかもしれません。

 

時短効果といえば、いま人気があるのはオールインワンジェルです。1個で10役というものまであります。保湿クリームや下地まで兼ねられるオールインワンジェルは、夏場は特に助かります。

 

厚労省に認められている美白成分プラセンタエキスは、動物の胎盤からとったもので、美白効果だけではなく、美肌作用がいろいろ期待できる成分です。

 

この成分を高配合したオールインワンジェルもあります。時短効果やシミ、肝斑の予防にオススメします。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら