肝斑 シミ ケミカルピーリング

MENU

肝斑やシミにケミカルピーリング【ケミカルピーリングに潜む危険性】

ケミカルピーリングは肌を綺麗にするという事で知られているスキンケア方法です。シミや肝斑にも効果が期待出来るとされていますが、ケミカルピーリングは自宅でも皮膚科でも行う事は可能となっています。

 

肝斑やシミだけではなく、くすみやニキビ跡など肌トラブルは後を絶ちません。そんな方にこそケミカルピーリングをお勧めしたいところですね。そもそも肝斑やシミに有効なケミカルピーリングとは何なのでしょうか?

 

ケミカルピーリングとは肌表面にこびりついている古くなった角質を取り除く事でターンオーバーを促す事がケミカルピーリングの役割です。ケミカルピーリングはこの古い角質を薬剤で取り除くのです。

 

加齢や環境によって人の角質は残ってしまうようになります。ケミカルピーリングはその角質を薬で強制的に取り除くわけですが、当然ノーリスクと言うわけではいきません。少なからず副作用の可能性があるからです。

 

尚ケミカルピーリングはニキビ跡に最適だと言われています。ケミカルピーリングで古い角質を強制的に取り除き、肌のターンオーバーを促しますが、間違ってはいけない事があります。それは絶対に治るわけではないからです。

 

クレーターと呼ばれているニキビ跡も同じ事が言えます。ニキビ跡同様ケミカルピーリングに適している症例ではありますが、必ず治るわけではないと言う事を忘れないようにしましょう。

 

ケミカルピーリングだけではありませんが、ケミカルピーリング後のアフターケアも非常に重要だと言う事を覚えておきましょう。またケミカルピーリングは出来てしまったシミに対しても効果を期待出来ます。

 

シミが角質部分に発症してしまった場合は、角質をケミカルピーリングによって取り除く事でシミをかなり薄くする可能性が望めます。また肌細胞を活性化させてくれますので、肌深部に出来たシミも薄くなる可能性があります。

 

あくまで可能性の域ですが肝斑やシミが出来た時には、ケミカルピーリングを試してみる価値はあるでしょう。ただし角質を除去する方法が強制的に行われる為、副作用のリスクは常に念頭に置いておきましょう。

 

ケミカルピーリングは従来皮膚科でしか行えませんでしたが、現在では自宅でもケミカルピーリングを行う事が可能となっています。しかし自宅でケミカルピーリングをする為には、通販でしか手に入りませんのでご注意を。

 

尚ケミカルピーリングは薬剤です。ですのでどうしても肌に合う合わないと言った問題点が出てきますので、ケミカルピーリングを購入する前にまずはサンプル用で肌に異常が出ないかどうかだけチェックしておきましょう。

 

前述で軽く触れました副作用についてですが、どのような副作用があるかと言うと乾燥による肌トラブルです。ケミカルピーリングは薬剤で古い角質を強制的に除去する為、必然的に皮膚が不安定な状態に陥ります。

 

その為使用後は肌の保湿はもちろんの事、紫外線対策も万全にしておく必要があります。ケアに失敗するとニキビ跡を治すどころかニキビが増えてしまう、なんて報告もありますので、ケミカルピーリングをする時は気を付けましょう。

 

とは言え肌トラブルは女性にとっては看過出来ない問題です。しかし今の世の中ケミカルピーリングに頼らずとも、より安全で効果的な肌トラブル解決法があります。そちらを試してみると良いかも知れません。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」についてはこちら