肝斑 シミ アルブチン

MENU

アルブチンという美白化粧品に含まれる成分とは?

シミ予防型の美白化粧品に含まれることが多いアルブチン。厚生労働省に認可されている美白成分でもあります。

 

アルブチンにはシミの元になるチロシナーゼという酵素を抑える作用があるので、シミ予防として効果が期待できます。肝斑などの、できてしまったシミを薄くするよりも、シミをできなくさせる作用があります。

 

アルブチンは厚生労働省に認可されてから、資生堂が一番先に化粧品として売り出して注目を浴びましたが、いま資生堂は、肝斑の内服薬として有名なトラネキサム酸入りの化粧品も販売しています。

 

アルブチンは美白成分として優れていますが、アルブチンだけでは肝斑などを薄くする可能性は低いようです。予防として使うことが確実です。そんな美白成分、アルブチンの特徴から副作用、相性のいい美容成分まで調べてみました。参考にしてください。

 

アルブチンとは

アルブチンの種類

コケモモ、ウワウルシ、サンタベリー、梨、ベリーなどに含まれる天然植物成分から作り出されている「βアルブチン」と、強力な美白成分であるハイドロキノンとブドウ糖が化学合成した「αアルブチン」があります。

 

αアルブチンは、βアルブチンの10倍もの美白効果がある、といわれています。αアルブチンを配合している化粧品は多いです。

アルブチンの性質

アルブチンはビタミンC誘導体と一緒に使うと、効果が高まります。アルブチンはシミを作る酵素を抑えてシミをできなくさせ、ビタミンC誘導体はビタミンC を吸収しやすくした成分で、代謝を促してシミが沈着するのを防ぎます。

 

アルブチンとビタミンC誘導体、どちらもシミを予防するのに効果的なので、一緒に使うことで、さらに効果が高まるのです。

アルブチンを含む化粧品の価格

結構、幅の広い価格設定があります。安くて質のいい化粧品を提供してくれる「ちふれ」にもあります。ちふれには、価格が安い割にアルブチンとビタミンC誘導体の両方を含んだ優れものの美白化粧水があります。

アルブチンの副作用

アルブチンには副作用はない、といわれています。敏感肌の人も安心して使うことができます。ハイドロキノンを含んだαアルブチンは化学合成なので、心配な方は、βアルブチンの方を根気よく続けてください。

アルブチンと相性のいい美白成分

アルブチンはビタミンC誘導体だけではなく、ビタミンA誘導体のレチノールや、豚や馬、羊などの胎盤から抽出されるプラセンタとも相性がいいです。

 

レチノールには肌の新陳代謝を促進したり、コラーゲンの生成を促したりする作用があるので、アルブチンの高い美白効果とあいまって美肌が実現できる効果が期待できます。

 

プラセンタの方は美白効果だけではなく抗酸化作用もあるので、一緒に使うことで若々しい透明感あふれる肌も期待できます。

 

プラセンタエキスを高配合したオールインワンジェルもあります。冬場など乾燥が強い季節には、プラセンタと相性がいいアルブチンやビタミンC誘導体を配合した化粧水を加えてもいいですね。アルブチンは、他の美容成分と一緒に使ってもいい安全な美容成分です。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら