肝斑 コンシーラー

MENU

肝斑やシミはコンシーラーで。目指す美肌に必要なものは何?

肝斑やシミを治したい!という切実な気持ちは誰にでもあります。ですが、じゃ、どうやって治すか、というと、人それぞれ。

 

肝斑やシミはメイクで隠そう、という人は多いですね。

 

メイクで隠すという場合、コンシーラーを使う人と使わない人に分かれます。コンシーラーを使って肝斑やシミをできるだけ目立たなくさせたい、という人と、コンシーラーは面倒だから肝斑やシミの上にファンデーションを重ねづけして隠す、という人に分かれます。

 

コンシーラーは種類も豊富、それに肌になじませるのが慣れないと大変、ということもあって、敬遠する人もいます。

 

ですが、コンシーラーを使いこなせると、肝斑やシミがわからなくなるぐらいキレイになるので、ぜひ使いこなしてください。

 

コンシーラーの種類

 

一口にコンシーラーといっても、いろいろなタイプがあります。リキッドタイプ、クリームタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプと4種類に分かれています。タイプによってカバー力の大きさが違いますが、何よりも自分が使いやすいものであることが一番です。

 

最初は、触った感じのテクスチャー、使い勝手のよさなどを中心に選んでみるのがいいでしょう。一番のポイントであるカバー力の大きさだけは、覚えておいた方がいいですね。

 

スティックタイプとペンシルタイプは一番、カバー力があります。カバー力が一番ないのはリキッドタイプですが、ファンデーションに近い感じで馴染みやすいので、最初はリキッドタイプから始めてみるのもいいです。

 

テクスチャーは固めがいい人は、ペンシルタイプが一番です。カバー力があるので、コンシーラーが面倒という人も使い勝手はいいです。ただ、慣れないと厚塗りになったり、肌の透明感が薄まるのがデメリットです。

 

いろいろな形があるのはリキッドタイプとクリームタイプで、リキッドタイプにはチューブ状、筆ペン状があって、クリームタイプにはチューブ状や筆ペン状の他、パレットタイプや容器に入っているものなどがあって、自分の好みで選べます。

 

まとめると、
・カバー力の大きい順
スティックタイプやペンシルタイプ 〉クリームタイプ 〉リキッドタイプ
・テクスチャー固めの順
スティックタイプやペンシルタイプ 〉クリームタイプ 〉リキッドタイプ
・いろいろな形状のものがあるのは、リキッドタイプとクリームタイプ。種類が一番多いのはクリームタイプ

 

コンシーラーの使い方

@色選びの基本

ファンデーションの色に合わせるか、少し暗めのものにすると浮いた感じにみえません。

A塗る範囲の広さに応じて使い分ける

肝斑のようにモヤっと広がったシミは広範囲にカバーする必要がありますし、逆に点在する一般的なシミはピンポイント使いですね。広範囲の場合は、ファンデーションを伸ばした後、伸びがいい柔らかめのリキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーを指でシミの上にのせていきます。

 

一度にたくさんは使わないで、手間がかかりますが、厚塗りにみえないように数回繰り返します。

 

点在するシミには、スティックタイプやペンシルタイプのコンシーラーを使います。リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションをつけた後に、パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションをつける前にコンシーラーをつけます。

 

こうすることで、ファンデーションとコンシーラーが馴染みやすくなります。シミや肝斑をメイクで隠す時も、大切なのは、あくまでもベースの肌を改善させることです。

 

そのために必要なことは、食生活や運動、睡眠、スキンケアなどを見直して、よくないと思った習慣は改めることです。スキンケアの面では、自分に合う、医薬部外品の美白化粧品を使うことで効果が実感できる場合もあります。

 

1個で10役という時短効果がある美白化粧品もありますので、オススメです。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら