ニキビ跡 手入れ

MENU

ニキビ跡にやっていけない手入れとは?

ニキビ跡に悩んでいる人は、いつも人にニキビ跡を見られているような感覚ですし、鏡を見るたびにいやな気持になりますよね。肌の手入れをするときやメイクをするとき、洗顔をするときですらずっとニキビ跡が気になってしまってそのたび気分が落ち込む気持ち、とてもわかります。

 

一度できてしまったニキビ跡はなかなか消えてくれませんし、どんな手入れをしてもなくならない。そう思っていませんか?ニキビ跡は、正しい手入れ方法さえ知っていれば消せることができるんです!今回はニキビ跡にやってはいけないNGなお手入れ方法についてまとめてご紹介します。これだけは気を付けてください!!

 

【クレンジングするときの手入れ】

  • NG@まずメイクを落とさずに寝ている、クレンジングを怠る。
  • NGA時間がない、面倒なのでメイク落としはふき取りクレンジングだけ。
  • NGB肌の調子に合わせることなくいつも同じクレンジングを使っている。
  • NGCメイクを落とそうとしすぎてゴシゴシとこする。クレンジングが異様に長い。

エステティシャンさんに聞いたことがありますが、「クレンジングは顔をなでるように30秒」というのがルールだそうです。気にしすぎて長すぎるのも、短すぎるのもメイクはしっかり落ちてくれないそうです。スチームなどがある人はクレンジングのときに使うのが一番良いみたいですよ^^メイクを落とさずに寝るなんて言語道断!!だそうです。

 

【顔を洗うときの手入れ】

  • NG@顔を洗うときは水・またはお湯のみ。
  • NGAニキビの周りは重点的に、何度もゴシゴシと洗っている。
  • NGB清潔に保つために1日3回以上洗顔をしている。

ニキビ跡がある人は気にしすぎるあまり清潔にしようとしますが、洗顔は必要な油分なども洗い流してしまうため、朝はぬるま湯のみ、夜はしっかりと泡立てた洗顔料で優しくくるくると洗うのが一番良いそうです。

 

【化粧水・乳液・保湿をするときの手入れ】

  • NG@化粧水や乳液はべたべたするのであまりつけない。
  • NGA保湿をするときに肌をこするようにつけている。
  • NGB浸透させるために何度もパッティングしている。
  • NGCニキビ跡だけに何度もクリームをつけている。

ニキビ跡には保湿が必要ですが、油分の多い場合にはそこまで過剰に保湿してしまうとニキビが増えて悪化してしまいます。またニキビ専用の化粧水や乳液は刺激が強い場合もあるので、肌が荒れてきたら皮膚科などに相談しましょう。

 

【そのほかにやってはいけないこと】

  • NG@常にニキビ跡に髪が触れている。
  • NGA洗顔後やお風呂上りは肌をこするように拭いている。
  • NGBニキビ跡やニキビが気になり、日中も触ってしまう。
  • NGCニキビ跡を気にしすぎるあまり常にマスクをしている。
  • NGD化粧直しのためにファンデーションを繰り返し塗っている。

これは誰もがやりがちなことだと思います。髪は家にいるときぐらい、ニキビ跡に触れないようにまとめておきましょう。髪は意外に汚いです。肌は洗う時もふくときも優しくいたわるようにしましょう。マスクは便利ですが、常につけていると衛生的にも悪いですし、蒸気で蒸れることもあるので、必要なときだけにしましょう!

 

わたしが選ぶニキビ跡へのNG手入れ集でした!ニキビができているときにも有効なので、普段から気を付けましょう!化粧水や乳液がオールインワンになっている「シミウス」という商品もなかなかおすすめですよ!

 

>>シミウスの詳細はコチラから