ニキビ跡 洗顔

MENU

ニキビ跡は洗顔のやり方で変わる?

ニキビは毛穴が詰まることで発生してしまいます。ニキビの予防には洗顔を丁寧にすることも一つでしょう。しかしニキビとニキビ跡はまた違うものです。

 

洗顔のように日常の習慣の中でニキビ跡が改善できるなら理想的ですよね。洗顔をすることでニキビ跡を改善することはできるのでしょうか?

 

【洗顔だけではダメ!?洗顔に追加で必要なもの】

毛穴に詰まった汚れを排出するのはニキビの予防には有効です。しかし、ニキビ跡の改善にはそれだけでは不十分となります。洗顔による効果を期待できるのは赤みの残るニキビ跡と茶色の色素沈着が起きるニキビ跡の二つの場合です。

 

肌に凸凹が残るクレーター化するニキビ跡には残念ながら効果は期待できないかもしれません。その点だけは注意してください。では洗顔に追加することでニキビ跡を改善できる方法を見ていきましょう。

 

まずは普通に洗顔をします。その後、化粧水と美容液を使うのですが、使うものを考えなければなりません。使う化粧水と美容液はビタミンCを配合したものを選んでください。

 

ビタミンCには肌の炎症を抑える効果があるので赤みがあるニキビ跡にはこの成分が効果的です。またビタミンCはシミにも効果があるのでシミに似た色素沈着のニキビ跡にも効果があります。

 

そして化粧水と美容液を付けた後、可能であればイオン導入器を使ってイオン導入を行ってください。これにより肌の奥にビタミンCを浸透させることができるので、より効果が期待できます。

 

この洗顔からイオン導入までの一連の流れを習慣付けることが出来れば、ニキビ跡の改善を洗顔で行うことができます。

 

【洗顔前にできること】

今紹介したのは洗顔後に行うニキビ跡の治療方法でした。では洗顔前にできることはないのでしょうか?洗顔前にできることとして挙げられる方法にピーリングがあります。

 

これはピーリング剤を使って古い角質を落とし、肌を新しくする方法です。色素沈着のニキビ跡は消えるまでに長い時間がかかります。

 

その期間中に紫外線を浴びてしまうと悪化して広がってしまう可能性もあります。肌のターンオーバーを促すことで色素沈着のニキビ跡は治療することが可能です。だからこそピーリングは効果的な方法としなります。

 

ピーリング剤にも種類があり、ジェル状のものやシートでふき取るもの等様々です。ある程度酸性であるため、あまり強い酸性を持つものを選ばない方が良いでしょう。

 

ピーリング剤を使うと古くなった角質の部分が落ちて、肌がボロボロと落ちてきます。洗顔前にピーリング剤を使い、その後綺麗に洗い流すようにしてください。

 

【洗顔でもニキビ跡の治療は可能!】

長くゆっくりと治す洗顔の方法か、ピーリング剤を使って短期間で治療する方法か、どちらを選ぶにしろ洗顔でニキビ跡の治療をすることは可能です。

 

一番好ましいのは、ニキビ跡の治療をピーリング剤で行ってある程度改善できたら、ビタミンCを浸透させる洗顔に移行する流れなのかもしれません。

 

ピーリングならターンオーバーを促す形になるので、クレーター化したニキビ跡に効果があるかもしれませんが、クレーター化したニキビ跡は一度皮膚科に相談した上で治療を始めた方が良いと思います。