ニキビ跡 レーザー

MENU

ニキビ跡にレーザーって安心なの?

ニキビ跡の治療法の一つにはレーザーを使った治療法があります。シミに対しても治療法としてレーザーを使うこともあるのですが、ニキビ跡に実際効果があるか疑問はあります。

 

加えてレーザーを使った際の副作用や治療中、治療後の痛みに関しても不安があります。ニキビ跡のレーザーによる治療は本当に安心なものなのでしょうか?

 

【レーザー治療のリスク】

近年は昔と比べてレーザー治療にかかる費用が安くなったという話は聞きます。しかし、値段もそうですが本当に心配なのは治療中の痛みや副作用、術後の経過などの方ですよね。

 

皮膚科での治療にはケミカルピーリング等のレーザーを使わない治療法もあります。レーザーによるニキビ跡の治療はピーリングなどがうまくいかなかった方が受けるケースが多いようです。

 

治療に関してですが、当然肌にレーザーを照射する訳ですから、効果に確実性があるとしても痛みは伴います。例えばフラクセルというタイプのレーザーですが、こちらのレーザーは古くなった肌を新しいものにする再生効果を促すものになります。

 

フラクセルレーザーを照射した場合、熱が発生してやけどしてしまうこともあるそうです。加えて、麻酔をしながらの施術となるのですが、麻酔をしていてもかなりの痛みが伴うものになります。

 

痛みと熱がある訳ですから、照射後は当然顔は真っ赤に腫れてしまいます。肌が新しくなるまでの期間は一週間ほど。

 

一週間がたつと新しい肌になるすべすべで綺麗なものになるようですが、この状態になるまでクリニックによっては入院が必要になる場所もあります。

 

これらのリスクを考えた場合、赤みの残るニキビ跡と茶色の色素沈着が起きるニキビ跡の場合はレーによる治療はあまりオススメできるものではありません。

 

ただし、肌表面が凸凹になってしまうクレーター化するタイプのニキビ跡に関しては別となります。

 

赤みが残るニキビ跡と茶色の色素沈着が起きるニキビ跡は化粧品や医薬部外品による治療がレーザーよりも効果的な場合があります。

 

しかし、クレーター化してしまったニキビ跡に対して効果がある治療薬は少なく、多くの場合レーザー治療が推奨されています。

 

【重要なのは肌のターンオーバー】

ニキビ跡をレーザーで治療する場合、新しい肌に作り替えることが出てきましたが、肌のターンオーバーを促進することでニキビ跡を改善することも可能です。

 

ターンオーバーは約一ヶ月周期で行われる皮膚の作り代わりです。シミの治療の中に肌のターンオーバーを用いるものがありますが、ニキビ跡もターンオーバーを利用して治療ができます。

 

化粧品の中にも肌のターンオーバーを促すものはあります。オススメできる商品としてはシミウスがあります。元々シミ対策の商品ですがニキビ跡にも効果が期待できる商品となっています。

 

ターンオーバーを促進する場合、クレーター化したニキビ跡にも効果は期待できます。治療法はレーザーだけではないので是非リスクの少ない方法を検討してみてください。