ニキビ跡 消す

MENU

ニキビ跡を消すには?

ニキビに関する悩み事にはニキビを治療した後のニキビ跡に関するものも含まれると思います。ニキビ跡はニキビとは治療法は違います。

 

消すことができるのがどうかという不安を持たれる方も多いでしょう。実際ニキビ跡を消すことはできるのでしょうか?

 

【ニキビ跡を消す方法】

ニキビ跡を消すための方法として実際に医師が紹介しているものがあります。ニキビ跡の種類は大きく分けて赤みが肌に残ってしまうもの、茶色の色素沈着が起きてしまうもの、肌の表面が凸凹としてクレーター化してしまうものの三つがあります。

 

それぞれを消すにはどうしたらいいのでしょうか。最初に赤みが残るニキビ跡を消すための方法を見ていきましょう。赤みが残るタイプのニキビ跡は生活習慣を正しくすることで消すことができます。

 

まずは睡眠不足の解消です。赤みの残るニキビ跡は肌の作り代わりによって治ります。この肌の作り代わりであるターンオーバーは基本的に約一ヶ月程度の周期で回っています。

 

ターンオーバーに重要なのは成長ホルモンなのですが、睡眠不足や夜更かしによってホルモンの分泌に乱れが起きるとターンオーバーにも影響が出てしまいます。

 

また、ビタミンやタンパク質の不足もターンオーバーに影響を与えるので整った食生活を送ることもニキビ跡を消すために役立ちます。

 

ビタミンCは美容に欠かせない成分ですし、タンパク質はターンオーバーを促進してくれます。加えて適度に体を動かして汗を流し、新陳代謝をよくすることもターンオーバーを促すことに繋がるので並行してランニングやジョギング、その他のスポーツを行うのもいいでしょう。

 

次に色素沈着が起きたニキビ跡を消す方法です。こちらも肌のターンオーバーを促すことが一つの有効な方法としてあるようです。そのために化粧品を使うのが良いでしょう。

 

プラセンタエキスやハイドロキノンを配合した化粧品を使うことでターンオーバーを促進し、メラニンの生成を抑えることで消すこともできます。

 

色素沈着はシミに近い形のものなので、専用の機器を購入することができるのなら、ビタミンC誘導体とイオン導入器を用いることで消すこともできます。

 

最後にクレーター化したニキビ跡を消す方法ですが、他のニキビ跡と違って、クレーター化したニキビ跡をセルフケアで消すことは難しいです。ですが、スキンケアによる改善法も効果がない訳ではありません。

 

改善法としては肌にハリを与えることでクレーターになっている部分を目立たなくする方法です。肌を保湿し、ターンオーバーを促すようなニキビ跡治療に効果がある化粧品を用いることが好ましいですね。

 

ですが、限界があると感じたら皮膚科の治療を受けることをオススメします。

 

【皮膚科に行かなくても時間をかければ跡は消せる】

短時間でかつ確実にニキビ跡を消したい場合は、やはり皮膚科クリニックに行くことがおすすめです。しかし、自宅でもセルフケアで改善することも不可能ではありません。

 

クレーター化したニキビ跡を消すのに保湿やターンオーバーを促す化粧品が有効と書かせていただきましたが、こちらからはシミウスという化粧品をオススメしておきます。保湿、ターンオーバーの促進、その他美容効果も期待できる化粧品です。