ニキビ跡 ケシミン

MENU

ニキビ跡にケシミンは使えるの?

シミは紫外線をあびることによってメラニン色素が発生し、大量に発生してしまった場合メラニンが沈着してしまうことで発生します。

 

ニキビ跡の中にもシミのように茶色の色素沈着が起きるニキビ跡があります。シミ治療に有効であるとされるケシミンですが、ケシミンはニキビ跡の治療にも使用することができるのでしょうか?

 

【ケシミンの効果】

ケシミンはどのようにシミを治療するよう働きかけるのでしょうか?ケシミンにはメラニン色素の発生を抑制してくれる働きをするビタミンC誘導体が含まれています。

 

メラニン色素が発生した際、肌のターンオーバーのサイクルの中で色素は排出されていきます。肌の状態が良くない場合はターンオーバーがうまくいかず、メラニン色素が排出されない結果シミになってしまう訳です。

 

ケシミンを使うことでメラニン色素の発生を抑制できるわけですが、実はメラニンはシミを作るだけではありません。メラニンには紫外線から私たちの肌を守る効果もあるのです。

 

発生を抑制してしまうと逆に肌に悪い結果を招くことになってしまいます。そのため、ケシミンはあくまでシミとニキビを防ぐことのために使用するようになっています。

 

【ケシミンに期待できるのは保湿力だけ!?】

ケシミンはシミを治療するための製品やニキビ治療の製品と比べて比較的安価で購入することができます。シミやニキビ跡の治療を専門としている薬や化粧品は効果を高めるために沢山の成分を含んでいます。

 

肌のターンオーバーを抑えるために効果のあるものを沢山配合すれば、それだけ値段は高くなります。ケシミンには値段を安くするために添加物や水が成分の中に多く含まれるのです。

 

つまり、期待できる効果は薄く、買って使用したところで思っていたほどの効果が期待できないという結果で終わってしまう可能性の方が高いのです。

 

クレーター化したニキビ跡は保湿をしてハリを与えてあげれば、多少改善することができます。ケシミンにはクリーム特有の保湿力はあるので、クレーター化したニキビ跡には効果があるのかもしれませんが、やはりあまり期待はしない方が良いでしょう。

 

薬や化粧品は他にも種類があるので、他の製品を買うことをオススメします。またレーザー治療という方法もあります。レーザーにもまた副作用など考慮する点がありますが、ケシミンを使うよりも効果は確実でしょう。

 

【成分はきちんと調べた方が良い!】

値段の安さだけで商品を選んでしまうと、結局自分が望んだ効果が得られずに、その分だけお金が無駄になってしまう結果になりかねません。

 

自然由来の成分やニキビ跡改善に効果がある成分を多く含んでいればいいですが、ケシミンのように添加物を多く使っているものもある訳です。

 

購入の際は一度成分表に目を通した方が良いと思います。失敗しない商品として一例をあげるならシミウスをオススメします。自然由来の成分を多く含んでいるので肌にも安心して使うことができると思います。