ニキビ跡 完治

MENU

ニキビ跡を完治するには?

ニキビができてしまった時治るとニキビ跡が出来てしまうことがあります。ニキビが消せてもニキビ跡が残ってしまったら嫌ですよね。改善できたとしても完治できないのも困ります。ニキビ跡を完治する方法はあるのでしょうか?

 

【確実にニキビ跡を完治する方法はあるの?】

ニキビ跡を完治するにはどのような方法を試せばいいのでしょうか。完治していくための方法にはニキビ跡の種類によっても方法が異なります。

 

まずは赤色の盛り上がった状態、ケロイド状態になってしまっているニキビ跡の場合です。こちらの場合は確実に感知したい場合、皮膚科クリニックで行うレーザー治療があります。

 

レーザーによってニキビのアクネ菌を殺菌、再度ニキビができないように肌を整えつつ炎症を抑えていく治療方法があります。また殺菌レーザーとは別のレーザー治療でフラクセルレーザーというものもあります。

 

こちらのレーザーは肌の再生能力を高めるよう促し、新しい肌へ作り変えるという治療法になります。次は茶色いシミになって残ってしまう色素沈着のニキビ跡の場合です。こちらのニキビ跡を完治するにはシミ治療に近い治療方法を試すのが確実となります。

 

フラクセルレーザーとは別に照射することでハリやツヤのある肌を再生しつつ、シミやくすみを解消してくれるフォトシルクプラスというレーザーが効果的です。

 

フォトシルクプラスは早期に効果を実感しやすい上に、通常のシミ治療のレーザー治療と違って照射によるやけどの心配がないそうです。皮膚科との相談になりますが、安全性が高いに越したことはないですよね。

 

最後に肌が凸凹とした後になってしまうクレーターのニキビ跡の場合です。他のニキビ跡も厄介ですが、こちらのニキビ跡は出来てしまった場合一番完治したいものだと思います。

 

種類はいくつかあり、どれも紹介はしますが皮膚科に頼ることが前提となります。そしてクレーター化したニキビ跡の場合、他のニキビ跡よりも完治にかかる期間は長くなってしまいます。

 

広い範囲を治療したい場合はケミカルピーリングがオススメです。こちらは一般的なピーリング剤よりも効果が高いトリクロロ酢酸を用いたピーリング剤を使用して行うもので、2年間程時間をかけて少しずつ古い角質を落とし、肌を再生していく治療法になります。

 

時間をかける分、完治した際はかなり綺麗な状態まで回復することができる治療法です。クレーターが大きなものではなく小さいものであるなら、CO2レーザーがおすすめです。

 

こちらの治療法はクレーターごとに治療を行うため、時間はかかりますが確実性は高い治療法となります。

 

【完治したい場合は皮膚科へ】

紹介してきた治療法は基本的に皮膚科クリニックへ行くことが必要となるものでした。セルフケアで効果が得られない場合はやはり皮膚科での診療を受けることが確実です。

 

一応皮膚科クリニックへ行かずとも治療ができる方法もいくつかあるようですが、ご自身で判断して自分が受けたい治療方法を選ぶことが一番だと思います。