ニキビ跡 改善

MENU

ニキビ跡を改善するには?

ニキビのでき方によってはニキビ跡ができてしまいます。ニキビ跡ができるのは可能な限り避けたいですし、改善の方法を知っておくに越したことはないですよね。そもそもニキビ跡はどのようにできるのでしょうか。

 

ニキビ跡のでき方と改善の仕方をセットで理解しておけば、対策の取り方や、いざ改善しようという時に役に立つと思います。ニキビ跡のでき方と改善の仕方を見ていきましょう。

 

【ニキビ跡ができる原因は?】

ニキビ跡ができる原因はニキビへの対策が不十分であったり、ニキビができた場合の治療がしっかりできていないことにあります。ニキビには種類があり、悪化の仕方によっては炎症や色素沈着が発生します。

 

この状態から治った際に普通の肌に戻るか、運が悪ければ一度でニキビ跡ができてしまいます。一度目にニキビ跡ができなかったとしても二度目に同じ場所にニキビができた場合はダメージが肌の深い場所に伝わり、ニキビ跡が一度目よりもできやすくなってしまいます。

 

そのため、治療の仕方や対策が不十分だとニキビ跡ができる原因になってしまうのです。

【ニキビ跡の改善は個人でできるのか】

ニキビ跡には赤みが残ってしまう、色素沈着が起きてしまう、肌に凸凹ができてしまう、という3つのタイプに大きく分けられます。それぞれに対して改善方法は別々の形になっています。

 

中には個人で改善するにはかなり時間がかかってしまうものもありますが、見ていきましょう。まずは赤みが残ってしまうタイプのニキビ跡です。こちらは個人でも改善を行うことは可能です。

 

薄くなる程度で完全に消える訳ではないことを注意してください。やることは洗顔後に化粧水、乳液、美容液をつけてからイオン導入器を使うことで肌にビタミンを浸透させます。

 

イオン導入器を使うので、化粧水や美容液はビタミンC誘導体を含んだ商品を使ってください。次に色素沈着タイプの改善ですが、こちらも個人で行うことは可能です。

 

色素沈着にも種類があるんですが、紫色のものであれば上記の洗顔からイオン導入器を使うまでの流れを継続すれば改善することができます。紫色の跡とは別に、茶色い跡が出来てしまうことがあります。

 

こちらの場合は洗顔を行って改善していくよりもピーリングという効果的な方法があります。ピーリングというのは専用の化粧品を用いて古くなった角質を落としていくことなのですが、茶色のシミの場合は長く残しておくと日焼けが原因で悪化してしまう可能性があります。

 

そこで古くなった角質を落とすことで早めにニキビ跡を消していくという訳です。最後に凸凹のクレーター型に残ってしまうタイプのニキビ跡ですが、こちらのニキビ跡は個人で改善しようとするとうまくいかない可能性があります。

 

治療法として挙げることができるのは先ほど挙げたピーリング、レーザー治療、皮膚移植などがあります。レーザー治療の場合、肌のクレーター化している部分にレーザーを照射することによって細胞に刺激を与え、再生を促します。

 

皮膚移植は、体の他の部位から表皮組織を培養した後に移植をする方法です。いずれも皮膚科の診療が必要な方法となります。

【一番はニキビを作らないこと】

ニキビ跡を改善するための方法を紹介してきましたが、やはり一番は日頃のケアによってニキビを作らないようにすることです。生活習慣によってニキビがどれだけできるのか変わってくる部分はありますが、クリームなどの化粧品を使うことでも対策は出来ます。

 

化粧品の中でオススメなのはシミウスです。シミウスは対策だけでなく、ニキビ跡の改善にも効果が期待できます。