日焼け ずるむけ

MENU

日焼けで皮がずるむけに!

日焼けをしたあとで皮がずるむけになってしまうという経験、ありませんか?腕や肩、顔など、予想以上に皮がずるむけになってしまうという人も多いと思います。日焼けによる肌へのダメージがこのような現象を引き起こしてしまうのです。

 

日焼けによって皮がずるむけになってしまったときの対処法として、また肌にダメージを残さないような対処法をお届けしたいと思います!自分で皮をむいてしまうという人…要注意です!!

 

どうして日焼けで皮がずるむけになってしまうのか

まず日焼けは肌に良くない…というなんとなくのイメージはあるかもしれませんが、みなさんが思っているよりも日焼けは怖いものなんです!日焼けをして赤く炎症してしまっている肌や皮がむけている状態というのは、肌が「火傷」しているのと同じくらいのことなんです!

 

皮がずるむけになってきている状態というのは、肌が新しい肌に生まれ変わろうとしているサインです。皮膚が日焼けによって乾燥してしまい、細胞がカラカラになっているので新しい綺麗な肌に生まれ変わろうと頑張ってくれている状態です。

自分で皮をむいてもいいのか

もう向けきってしまっている皮を綺麗に取り除くことは良いのですが、まだむけていないところまで自分でとってしまおうとするのはNGです!気になってしまうとは思いますが、自分で皮をむいてしまうとその部分はまだ肌が生まれ変わり切っていないうちに肌に余計なダメージを与えますし、シミの原因にもなりますので、やめましょう。

皮がずるむけにならないようにはどうしたらいいのか

 

日焼けによって肌はものすごくダメージをうけ、乾燥しているので炎症がおさまってきたらまず保湿することが大切です。これにより、必要最低限の皮むけにおさえられることができますし、肌はまた再生するので安心してください。

 

皮がむけてきたあとの対処法

お風呂にはいるときにも、ゴシゴシと洗ってしまわずに、泡立てたせっけんを手でやさしくのせる程度にしましょう^^そして保湿はかかしてはならないですが、刺激のある化粧水や乳液を使っているひとは、肌が完全に再生されるまでは肌にやさしいものをつかってあげることが効果的です。

 

また、食べ物も重要です。肌の表面からのケアだけでなく、内側からの栄養をとることで日焼けによる肌の回復をはやめることができます。たとえばたんぱく質やビタミンC、ビタミンE、ビタミンAなど、肌をつくる大事な栄養分なのでしっかりと食べて回復につとめます。

 

いかがでしたでしょうか!日焼けによる皮のずるむけは肌を再生しようと肌が頑張っている証拠なので、無理にこすったりせず、回復を手助けしながら根気強く治してあげましょう!

 

スキンケアとしておすすめなのは「シミウス」です。オールインワンなので化粧水や乳液、美容液などすべてを選ぶ必要もなく、日焼けによる肌のダメージに大きく貢献してくれます。皮のずるむけなどにも保湿は重要なので自分に合うスキンケア商品を見つけることが大切です☆

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら