日焼け ざらざら

MENU

日焼け後のざらざら肌はどうしたらいいの?

日焼けしたあとの肌は、なんとなくいつもとちがってざらざらしている…なんてことありませんか?せっかく日焼け止めをしっかり塗っていても肌にはダメージが残ります。日焼けした後に顔を洗ってみてやっとざらざらしていることに気付くなんて人もいるそうです。

 

ざらざらになってしまった肌にはどんな対処をしたら治るのでしょうか?ネットや知恵袋にいくつもそんな質問がありました。また日焼け止めを塗った直後にもざらざらしてしまうという人もいるそうです。日焼けに関しての肌の守り方について、対策をまとめてご紹介していきたいと思います!

 

日焼け止めを塗って肌がざらざらになるワケとは?

まず、日焼け止めを塗った直後におきる肌のざらざらに関してお話していきたいと思います。日焼け止めにはSPFやPAのような、数値がかいてあるものがありますよね。この説明からしていきます。

SPFとは?

SPFとは、日焼け止めの持続時間がどれだけあるかということを示します。20分ごとの時間を表しているので、たとえば「SPF20」と書かれているものであれば、「20分×20=400分」つまり日焼け止めを塗ってから400分(6時間40分)は日焼け止めの効果が持続しますよ!ということになります。もちろん数値が大きいほど、日焼け止め効果は持続します。

PAとは?

PAとは日焼け止めの効果の強さを表します。PAは数値ではなく「+」の数で強さが示されています。「+」の数が多ければ多いほど、紫外線を防ぐ力が強いということになります。

 

これらが強いほど紫外線から肌を守ってくれる力は強いということになりますが、同時に肌へのダメージも強くなります。つまり日焼け止めを塗った直後に肌荒れを起こしてしまう人は、日焼け止めが強すぎるということです。ちょっとしたおでかけや散歩であれば少ない数値でも大丈夫なので、肌を傷つけないためにも使い分けが必要です。

 

またどうしても強いものが使いたいけれど肌荒れするという場合には、日焼け止めを塗る前のスキンケアを重点的に行いましょう。ワセリンや保湿クリームで肌を保護することをおすすめします。

 

日焼けによる肌のざらざらの対策は?

日焼け止めを塗って、外にでて帰ってきてからざらざらしていた、という人は紫外線によるダメージを受けてしまっているので、まず炎症をおさえるために冷やしましょう。日焼けによって肌はかなり乾燥していますので、皮むけの手前の肌ということも考えられます。肌がそれ以上乾燥しないように炎症がおさまったらすぐに保湿することで改善されることと思います。

 

化粧水や乳液も、肌に刺激的なものを使ってしまうとさらにざらざらが悪化することもあるので、いつも使っているもので荒れてしまうかもしれない、という人は敏感肌用であったり、日焼け、炎症用のスキンケア商品を使うことをおすすめします。

 

また保湿をしょうとするあまりいろいろな化粧水や美容液を使い、肌に何度も触ることもダメージになります。そんなときはオールインワンのケアをすることもおすすめです。中でおすすめなのは「シミウス」という商品です。自分に合ったスキンケア商品をつかって肌を紫外線から守りましょう^^

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら