日焼け 火傷

MENU

日焼けで火傷に近い症状に

日焼けは、誰もが一度は体験したことがあるのではないでしょうか?症状の重さは様々ですが、火傷のように痛みを伴ったり、肌が赤くなり水ぶくれができてしまうこともあります。

 

日焼けは、紫外線が肌に熱を与えていくので、火傷のような状態なのです。日焼けは火傷の一種と言われるのも無理はありませんよね。実際の火傷ほどでなくても、近い症状が起こる場合もあります。

 

日焼けは、紫外線によって、肌のメラニン色素がたくさん作られることが原因です。ヒリヒリとする痛み、肌が赤みを帯びる「サンタン」と、肌の炎症を起こす「サンバーン」に区分されます。

 

特に強い日差しを浴びた後は「サンバーン」となり、肌が赤くなるどころか、腫れあがったり水ぶくれができたりと、火傷のような症状を引き起こしてしまうのです。「サンバーン」の症状はかなり重度ですので、肌はとてもダメージを受けています。

 

もし、水ぶくれができてしまったら、火傷と同じように考えたほうが良いかもしれません。あまりにも異常に腫れたり、水ぶくれの範囲が広くなってきた場合は、迷わずお医者さんに診てもらったほうが良いかもしれませんね。

 

基本的に、日焼けも火傷も、肌にとっては同じことです。範囲が狭いのが「火傷」で、広範囲なのが「日焼け」と捉えるとわかりやすいですね。症状が似ているので、日焼けの対処は、火傷と同じようにするべきといえますね。

 

日焼けは、肌のことを考えると予防することが大前提です。できるだけ、紫外線によるダメージを抑えたいところです。日焼けは火傷の一種ですので、肌トラブルの元となり、火傷のように、肌に跡を残してしまう可能性もあります。

 

予防はしてたけど...いつの間にか日焼けしてしまっていた!ということもあるかもしれません。日焼けをしてしまったら、しっかりとケアをしてあげなければなりません。

 

日焼けのケアは、肌を冷やし、水分を補給してあげることが効果的です。効果的というよりも、一番大切なことです。いかに早く、焼けた肌を正常に戻すかがポイントとなります。火傷の対処も、まずは冷やすことから始まりますよね。

 

日焼け後の肌の水分補給はどうしたら良いのでしょうか?直接、肌に水分を与えてあげることが必要です。化粧水や乳液を使って、優しく肌に水分補給してあげてくださいね。

 

日焼けのケアにはもっとおすすめなアイテムがあります。オールインワンジェルの「シミウス」です。「シミウス」は、化粧水や乳液などを、ひとつに集約したアイテムで、肌に潤いを与えて保持してくれます。

 

日焼けは、火傷をしたときのように、素早く対処することが肝心です。今後の肌トラブルを予防するためにも、日焼けは丁寧に治しておかなくてはいけないですね。

 

日焼けをうまく対処することによって、綺麗な肌を維持することにもつながります。火傷のように、ひどい症状のときはお医者さんへ、軽くてもできるケアを余すことなくしてあげることが重要です!