日焼け ホワイトニング

MENU

日焼け後の正しいホワイトニングケアを解説!

気をつけていても、うっかりと日焼けをしてしまったという経験は誰もがありますよね。こうしたときに、日焼け後にする正しいホワイトニングケアをご紹介します。

 

日焼けしたお肌を、一刻も早くホワイトニングケアをするのが大切です。

 

肌の美白をキープするためにも、正しいホワイトニングの知識が必要ですね。

 

日焼け後のアフターケア

 

うっかりとして、日焼けしてしまったときには、後悔をしている暇はなく、一刻も早く、ホワイトニングケアをしましょう。

 

まず、日焼けをしてしまったら、肌を冷やしてあげましょう。日焼けした肌というのは、火傷をしたのと同じことです。充分に冷やしてあげましょう。

 

そして、水分補給をしてあげます。洗顔後は、化粧水をたっぷりとつけて保湿してあげましょう。日焼けした直後は美白の化粧品は刺激が強いので、控えましょう。

 

日焼け後は、身体の内側からもケアしてあげましょう。

 

水分補給をたっぷりとしましょう。冷たい水を飲むことによって、内側から身体を冷やすことができます。ミネラルウォーターやスポーツドリンクがおすすめです。

 

日焼けをすると、体の内側も外側も乾燥していますので、水分補給をしてあげることが大切です。

 

また、ビタミンをとると、ホワイトニングケアができます。

 

紫外線を浴びると、体内でメラニン色素が作られて、日焼けの原因となっていきますが、ビタミンCをとると、メラニン色素を作るのを抑えます。

 

ビタミンCは、フルーツや、緑黄色野菜に含まれていますので、積極的にビタミンCをとりましょう。

 

特に、ビタミンCとビタミンEを一緒に摂取すると、ホワイトニングの効果がアップします。

 

アルコールやカフェインは、日焼けした後は控えるようにしましょう。

 

アルコールやカフェインは、日焼けをした後の身体から、水分を奪ってしまいますので、注意が必要です。

 

間違ったホワイトニングケア

 

ホワイトニングケアをしているからといって、安心していると、実は間違ったホワイトニングケアをしていたという人はたくさんいます。

 

間違ったホワイトニングケアというのは、どういうものでしょうか?

 

紫外線が強そうな時にだけ、UVケアをするのは、間違っています。

 

紫外線というのは、夏だけでなく、1年中降り注ぎ、曇っていても、降り注いでいます。

 

1年中、どんな天気のときにも、UVケアをしましょう。

 

美白の化粧品を使用して、ホワイトニングをすれば、紫外線なんてへっちゃらと考えている人もいます。

 

しかし、まずは、UVケアをしっかりとして、シミを作らないようにしましょう。

 

日焼けした直後にホワイトニング効果のある美白化粧品をすぐに使用するのは間違いです。

 

美白の化粧品は、刺激が強いので、日焼け直後は避けましょう。

 

まずは、冷やして、たっぷり保湿をして、肌の状態がよくなってからにしましょう。

 

ホワトニングケアは、1日に何度もしたからといって、効果があがるわけではないので、決められた量を守って、使用回数を守りましょう。

 

化粧品は、同じラインの化粧品を使用するのが効果的です。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら