日焼け 対処

MENU

日焼けの対処法はこれ!

楽しく外で遊ぶのは良いですが、日焼けで悩まされてはいませんか?日焼けの対処はきちんとできていますか?日焼けは肌の色が変わるだけではなく、火傷と同じように肌には大きな負担がかかっているんです!

 

日焼けのあとの対処法としていろいろな方法がありますが、自分に合った方法をはやく見つけないと毎年日焼けに苦しむ夏を繰り返してしまいますよ!今回は日焼けのあとの対処法について正しい対処法をご紹介していきます!

 

【日焼けしたあとすぐの対処法は?】

日焼けしてすぐに小麦色になって、痛い思いをしたことがないという人もいれば、日焼けしたあとはすぐ赤くなってしまうのでお風呂に入るのもつらいという人もいます。これは肌質が1人1人違うので当たり前のことです。私もすぐに赤くなってしまうので、遠足や運動会などの行事の日はつらい思いをしていました。

 

この赤くなる、というのは肌が軽いやけどのような状態になっているということなんです。やけどになったらみなさんはどうしますか?まず冷やしますよね!これは、日焼けのときにも同じでまずは赤く炎症になっているところを冷やすことが必要なんです。冷やすといっても肌は少しの刺激でも敏感になっている状態なので、アイスノンや氷をタオルにくるんで冷やしましょう。

【炎症がおさまったら?】

赤く炎症しているのがおさまってきて痛みがなくなったら、すぐに「保湿」をしましょう!肌は日焼けをしていることでものすごく乾燥しています。冷やすことを終えたらこの乾燥対策として、日焼けしている部分を保湿してあげることが大切です。

 

日焼けでよくおこる皮むけも、乾燥によるものなのでそうならないために、しっかりと冷やして炎症がおさまったら、化粧水や乳液で保湿することが必要です。ただし炎症が1週間も続く場合には皮膚科などで見てもらってから化粧水などを塗りましょう。肌に合っていない化粧水や乳液を塗ることでまた炎症がひどくなってしまう場合もあります。

【日焼けした肌にやってはいけないこと!】

日焼けした肌にやってはいけないこととして代表的なのは、「湿布を貼ること」です!冷やす意味で使ってしまう人が多く、肌がひどいことになってしまう人もいるそうです。

 

湿布には痛みを抑える成分も含まれているので日焼けにも良いと思われがちですが、まず湿布は肌にくっつくために粘着成分がありますよね。これをはがすときに日焼けの皮むけのようになってめくれてしまう危険性があります。

 

また冷やすことをすっ飛ばして保湿してしまう人もいますが、これもNGです。保湿するためには化粧水や乳液を使いますが、なかなか自分の肌に合っているものを使っている人は少ないですよね。

 

炎症している肌には使ってはいけない化粧水というものもあります。保湿をする肌に優しい化粧品を使うことが日焼け後の肌には必要です。「シミウス」という商品は中でもおすすめです。

 

日焼け後の正しい対処法で、肌を優しくいたわりましょう!もちろん日焼け止めを塗ることや、オイルを塗ることも肌を守るひとつなので外に出るときにはしっかり日焼け対策をし、帰宅後は対処をしましょう^^

 

>>シミウスの詳細はコチラから