日焼け そばかす

MENU

そばかすの原因は日焼けなの?対処法3つをご紹介

そばかすとはどういったものなのでしょう。「赤毛のアン」で主人公のアンはそばかすの可愛い女の子ですが、実際そばかすができてしまうと悩んでしまいますよね。
そばかすは多くは遺伝的なものが多く、年齢を重ねるごとに薄くなっていくことが多いのですが、日焼けによって紫外線を浴びると、濃くなると言われています。

 

大人になってからできるそばかす、または子どものころからのそばかすが思春期をすぎても残っているという場合は日焼けによる紫外線が原因だと考えられます。一般に日焼けをするとお肌を守るために「メラニン色素」が生成されます。

 

通常はお肌のターンオーバで排出されるのですが、メラニン色素が多く生成された場合、蓄積して肌の奥にどどまってしまいます。これがそばかすの原因になります。そばかすは普通のシミと違って、鼻の周りを中心に細かい三角形のようなシミが点々と現れます。

 

そばかすに効果的な対処法を3つ紹介したいと思います。

1. 大人になってからできるそばかすは主に日焼けが原因なので、日焼けによる紫外線からお肌を守ることが重要になってきます。紫外線は一般に3月頃から始まり、5月にはピークに達してしまいます。

 

8月の太陽ぎらぎらの頃から対策を始めても遅いという訳ですね。紫外線はガラスを通り抜けるので室内だからといっても安心はできません。曇り空の日でも微量ながらも紫外線は降り注いでいます。

 

そばかすを気にする人はもちろん、そばかすができないようにするためには、日焼け止めが欠かせません。ただし、あまり強い日焼け止めは、肌に刺激になるのでよくありません。SPF10~20 PA+~++で充分です。日焼け止めは汗で流れてしまうので、一日のうち何回か塗り直したほうが効果は持続します。

 

2. 毎日の食事も大切です。特にビタミンA・C・E.、L―システイン、ポリフェノールなどは紫外線から肌を保護する働きがあります。
緑黄色野菜や、玄米、ニンニク、玉ねぎ、ココアなど積極的に取りたい食材ですね。

 

3. 睡眠を十分取ることも大切です。入眠後の「肌のゴールデンタイム」と言うのを知っていますか?肌再生に重要な成長ホルモンが活発に分泌され、肌のターンオーバを促進して古い肌を新しい肌に変えていく時間帯と言われています。

 

以前は22時から深夜2時が「肌のゴールデンタイム」と言われていましたが、現在は入眠後3〜4時間と言われています。この時間に熟睡できると肌のターンオーバが促進されます。

 

大人になってからできた日焼けによるそばかすやシミ。毎日の紫外線対策や食事、睡眠などで、予防できることがたくさんありますね。特に紫外線対策は夏場だけでなく、1年を通してすることがとても大事です。春や秋などどうしても手を抜きがちになってしまいますが、そばかすやシミを作らないためには手抜きは禁物です。

 

日焼けをした肌のケア商品も色々なものがでていますね。美白作用があったり、ビタミンが含まれていたり。なかでもお勧めなのが、「シミウス」という商品です。興味があるかたは一度試してみてください。