日焼け シワ

MENU

日焼けでシワになる?

普段の生活をしていると、うっかりと紫外線を浴びてしまっていますよね。その紫外線を浴びて、日焼けをすると、シワの原因になります。

 

日焼けをした小麦色の肌は、健康的に見えますが、歳をとるごとにあらわれてくる、シワをいうのは、その80%もが、紫外線が原因です。紫外線を浴びて、日焼けをすると、なぜシワの原因になるのでしょうか?

 

【紫外線の影響】

紫外線というのは、肌の奥にまで悪い影響を与えてしまいます。紫外線は、肌の奥のコラーゲンを壊してしまいます。そうなると、お肌の弾力がなくなり、ハリもなくなってしまい、たるみがでて、シワがでてくるのです。

 

くちの周りのほうれい線もシワですので、紫外線を浴びて、日焼けをしてしまうと、ほうれい線が深くなって、シワが目立ってくるようになるのです。

 

また、紫外線を浴びて、日焼けをすると、肌の水分がなくなります。乾燥した肌になります。乾燥している肌は、ダメージを受けやすくなってしまいます。肌の弾力が低下して、シワになりやすい状態になってしまうのです。

 

紫外線を浴びてしまって、日焼けをしたら、保湿をしっかりとしましょう。そうしないと、肌が乾燥してしまって、シワが増えてしまいます。肌もたるんできて、ほうれい線が深くなったりします。

 

【紫外線対策】

シワをこれ以上増やさないためにも、紫外線対策をしっかりとしましょう。

日焼け止めのクリームをぬりましょう

日焼け止めのクリームや、日焼け止めの効果がある化粧下地を塗って、紫外線から守りましょう。室内にいても、ガラスから紫外線が入ってくるので、室内にいても、油断は禁物ですよ。

 

年間をとおして、日焼け止めを欠かさないことが大切です。日焼け止めの数値で、SPFがありますが、この数値が高ければいいという訳ではないので、肌の状況をみて、SPFを選びましょう。数値が高くなると、肌への負担も大きくなってしまうのです。

 

普段であれば、SPF30で、PA++くらいがおすすめです。帰ってきたら、しっかりとクレンジングをして、日焼け止めをきちんと落とすようにしましょう。洗い残しがあると、日焼け止めの中に含まれている油性成分が酸化してしまって、その周辺の皮脂まで酸化が広がってしまいます。

 

そうなると、シワの原因になりますので、気をつけましょう。また、日中に日焼け止めを塗りなおすことも忘れないようにしましょう。

日傘や帽子を利用しましょう

紫外線の量が多いですので、日傘や帽子を利用して、紫外線から肌を守るようにしましょう。シワを防ぐためには、とにかく紫外線をあびないことが大切です。

日焼け後のケアをしましょう

うっかりと日焼けをしてしまったら、日焼け後のケアをしっかりとしましょう。日焼け後は、保湿をしっかりとしましょう。日焼けをすると、肌の水分がなくなり、乾燥してしまいます。

 

そうなると、シワになったり、シミができたりしてしまいますので、保湿を充分にしてあげましょう。おすすめの化粧品は、「シミウス」です。是非、ためしてみて下さい。

 

化粧水たっぷりのパックで水分補給をして、乳液で水分が逃げないように蓋をするといいですね。そして、体内の水分量のために、しっかりと、水分補給をしてあげましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら