日焼け シミ

MENU

日焼け止めでシミはできるの?

日焼けというのはシミやそばかすなど大敵がひそんでいますよね。日焼けというとおり、肌に日があたると焼けているのと同じ、つまり火傷と同じくらいのダメージが肌にはあります。紫外線が肌に蓄積していくことによって、シミやそばかすができてしまいます。

 

紫外線の予防というのが肌を綺麗に保つ秘訣の1つでもあります。そこでシミやそばかすをつくらないためにも日焼け止めは必須アイテムです。しかし、自分に合っている日焼け止めを使わないと、肌に余計な負担がかかってしまうので日焼け止め選びというのは大事なんです。

 

【シミができる仕組み】

シミのできる原因はいくつかありますが、紫外線によるシミができやすいものをご紹介していきます。日焼けによる蓄積が起こりやすいところは、髪の生え際や眉の上などにもできることがあります。私自身も頭皮の境目などが赤くなるため、頭も冷やさなくてはならないという経験もあります。

 

髪の紫外線を防止するには帽子や日傘なども有効です。また髪にもできる日焼け止めのスプレーを使うと、髪の傷みも防げますし、スプレー状の日焼け止めはメイクの上からでも使えますので、シミをつくりたくない、痛めたくないという部位に合わせて使う日焼け止めを使用することが大切です。

 

また日が当たりやすい部位として、頬はシミができやすいですね。頬は高い位置にあるので焼けやすい部位のひとつです。頬にできるシミは化粧での色素沈着であったり、日光の紫外線であったりとシミになりやすいものが多いです。

 

そばかすはメラノサイトという細胞が日焼けして変質してできるものなので、だれでもできることがあります。小さいころからずっとある人もいますよね。頬だけでなくそばかすは全身にできるので、腕や足にも日焼け止めを塗りましょう。

 

【シミにおすすめな日焼け止め】

日焼け止めは強さや効果が違います。SPFやPAは強ければ強いほど肌には負担をかけてしまいますので、目的に合わせていくつか種類を使い分けるといいでしょう!ではシミにおすすめな日焼け止めをご紹介していきたいと思います。

アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリューション(FUJIFILM)

(SPF50・PA++++)
こちらは美白に特化している美容液でもありながら化粧下地でもありながら日焼けをばっちり防止してくれるという優秀な商品です^^1年中使うこともできるので、シミに対策にも使えます。お肌にうるおいを持たせながら、美白ケアもしながら、しっかりと紫外線からも守ってくれます。
リューション」です。

UVブロック ミルキーフルイド(ホワイティシモ)

(SPF30・PA+++)
SPFが少し低めなので、お子様でも安心して使うことができます。POLAの美白日焼け止めクリームです。クリームとはいえ、べたつくことなくさらっとした使い心地にやみつきになる人が多いみたいです。普段使いにおススメで、小さなお子様でも肌荒れを起こすことなく使える優しい商品です。

 


 

紫外線によってシミができやすくなることや、自分に合っていない日焼け止めをつかうことで余計に肌に負担をかけるということはわかっていただけましたか?自分に合うものがわからないという人は遠慮せずに店員さんに聞いてみましょう^^また「シミウス」という商品も日焼け止めにおすすめです。

 

>>シミウスの詳細はコチラから