日焼け 背中

MENU

背中の日焼けの対処法とは?

日焼けの対策をしっかりとしたつもりでも、ついつい忘れがちなのが、背中の日焼け対策ですね。日焼け止めをせっせと顔や体にぬってはいるものの、背中は手が届かないこともあり、わすれがちです。日焼け後に、背中がまだらになってしまったり、ブツブツができたりもします。

 

日焼けの後の背中のブツブツは何故できるのか、また、対処法を調べてみました。

 

【背中にブツブツができる理由】

うっかりと日焼けをしてしまって、日焼け後に、背中にシミや、ブツブツができるのは何故でしょうか?これは、紫外線が原因です。日焼けをすると、メラニン色素が増えて、黒いシミの原因となります。そして、ブツブツができたり、まだらになったりします。

 

背中というのは、手が届かないので日焼け止めが塗りにくく、塗り残しがあったり、ムラになって日焼け止めを塗ったりするので、背中がまだらになってしまうのです。また、日差しが背中にあたるときに、その当たり具合で、まだらになります。

 

日差しがあたったところは白くなって、日差しが当たった部分は黒くなりますので、背中がまだらになってしまいます。

 

そして、黒いブツブツができるのは、背中のニキビが悪化したものです。ニキビは、紫外線に長い時間あたると、黒いシミのようになって、色素沈着がおきるのです。紫外線というのは、肌にもニキビにも悪い影響を及ぼしますので、普段から紫外線を浴びないように注意しましょう。

 

また、日焼けをした後に、シャンプーや、トリートメントをすすいだあとに、そのすすぎ残しが背中に残った場合、背中にニキビが出来やすくなります。シャンプーやリンスをした後は、しっかりと背中を洗うように気をつけましょう。

 

しっかりと洗うことによって、背中のニキビを予防できます。特に髪の毛が長い方は、背中を忘れがちなので、ご注意ください。

 

できるだけ、背中に髪の毛が触れないようにして、髪の毛を前の方に流して洗うことによって、背中のニキビが減ることでしょう。

 

体をあらってから髪の毛を洗うのではなく、髪の毛を洗ってから、体を洗うようにして、トリートメントやリンスが背中に残らないようにしましょう。

 

【背中の日焼けがひどい場合の対処法】

日焼けをしてしまい、背中が痛いときの対処法をお教えしましょう。まず、シャワーなどで、背中を冷やしましょう。落ち着いてきたら、日焼け止めを落とします。ボディソープをたっぷりとあわ立てて、優しく洗うようにしましょう。

 

そして、しっかりと保湿をしましょう。保湿をするときには、「シミウス」がおすすめです。

 

お肌に刺激を与えないようにするため、洋服は、綿100%でゆったりとした洋服を選択するようにして下さい。それでも、痛いときには、受診をしましょう。日焼けは火傷と同じなので、かなりひどい日焼け場合は、受診するようにして下さい。

 

背中に水ぶくれができてしまったときには、水ぶくれのところを冷やして、つぶさないようにしましょう。つぶしてしまうと、菌が繁殖し、余計にひどくなってしまいます。だいたい2週間くらいで治りますので、無理につぶさないようにしましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら