日焼け 応急処置

MENU

日焼けしたときの応急処置はどうする?

日焼けは、軽い「火傷」のようなものです。どれだけ紫外線を浴びたかにもよりますが、症状にも度合いがあります。重度の場合は皮膚がめくれたり、水ぶくれになったりしますので、応急処置をするべきです。

 

日焼けに対する応急処置は、いろいろな方法がありますが、すぐに簡単にできるものがありますので、応急処置の方法を、知っておいた方が良いかもしれませんね

 

日焼けをすると、皮膚は熱を帯びています。熱くなって焼けているので、すぐに冷やしてみましょう。冷水で冷やすのも良いですし、ピンポイントで冷やしたい場合は、タオル等で氷を包んで、日焼けした部分に当てておくのも効果的です。

 

冷やすだけでも熱が冷まされて、日焼けの赤みが取れる可能性もあります。早ければ早いほど効果的ですが、「あ、日焼けしてる!」と思っても、慌てずに落ち着いて冷やしましょう。

 

冷水で冷やす時、なるべく温度が低い水が理想的ですので、流水を使うようにしましょう。特に日焼けした部分は、熱を帯びて温度が高いので、水温も上がりやすくなっています。溜めた水では、だんだんと水温が上がる一方ですので、水温の安定している流水で冷やしましょう。

 

流水を使えない場面があるかもしれません。仕方がないので、溜めた水を使いますが、汚れている物に溜めないようにしましょう。日焼けした肌は敏感になっていて、菌に負けやすいので注意が必要です。

 

冷やすのが遅れてしまうと、火傷のように皮膚がめくれる場合もあります。そこから異物が入り込んでしまい、肌や身体にも悪影響を及ぼしてしまうので、できるだけ早いのが望ましいですね。

 

応急処置としては、冷やすだけでは不十分です。もうひとつ大切なことがあります。日焼けをすると、肌は乾燥した状態になってしまいます。よって、しっかりと保湿することも忘れてはいけません。

 

まずは、日焼けして冷やした部分を、洗顔フォーム等で洗います。その後に、低刺激の化粧水等を塗って保湿してください。日焼けした肌はとてもデリケートですので、化粧水等を塗る際は優しく、刺激しないように注意が必要です。

 

化粧水も良いですが、肌を保湿しながら、必要な栄養を与えてくれる化粧品もあります。オールインワンタイプの「シミウス」という化粧品です。ひとつで、肌に必要なケアをまとめてしてくれる、便利なアイテムです!

 

日焼けの応急処置は、火傷の応急処置とほとんど変わりません。程度が重ければ重いほど、肌のダメージも大きくなります。日焼けの色が一旦落ちたとしても、シミが残ったり、シワやニキビにも繋がっていきます。

 

かなり焼けたと思ったら、応急処置を怠らないようにしましょう。日焼けは一種の火傷ですので、侮れません!手遅れにならないようにしなければいけませんね。まずは、冷やすことから始まります。

 

方法としてはとても簡単なので、慌てずにまずは応急処置をしましょうね!日焼けは肌の敵です。せっかく、日頃からスキンケアをしていても、日焼けによるダメージを受けては意味がありません。

 

なるべく日焼けは避けるようにして、もし焼けてしまっても、応急処置をすることによって、最低限のダメージで済みますので、怠らないようにしてくださいね!