日焼け お手入れ

MENU

日焼けの後のお手入れ方法

日焼けは火傷に似たような症状です。日焼け後になるべく早く対処、お手入れをしておくことによって、肌のダメージを最小限に抑えることができます。

 

日焼けをしてしまったら、まずは冷やして熱を冷まします。火傷をした時も同じですよね。肌が熱を帯びている状態から解放します。冷やさなければ、後のお手入れもできませんので、念入りに冷やしましょう。

 

日焼け後のお手入れは、日焼けの程度にもよります。冷やしても、我慢できないほどのほてりがある場合は、病院へ行きましょう。頭痛などの体調不良や、水ぶくれができた場合にも、医師の診察を受けることをオススメします。重度の日焼けの可能性があります。

 

日焼けをすると、肌が乾燥してしまいます。すぐに保湿をしておく必要がありますね。ヒリヒリするような症状がある場合、化粧水等の水分が多いもので保湿しようとすると、染みることがありますので、軟膏を塗ってみても良いでしょう。

 

冷やした後、ほてりは解消されたけど、肌は焼けた色をしている場合には、化粧水で水分を補給してあげましょう。日焼け後はかなり乾燥していますので、いつも使う量よりもかなり多めにつけておきましょうね。

 

化粧水をつける際は、なるべく肌を刺激しないようにすることが肝心です。日焼けをした肌はとてもデリケートです。手で優しくなじませるように、摩擦を起こさないようにつけると良いでしょう。

 

化粧水で水分を補給した後、閉じ込めておくことも忘れてはいけませんね。乳液を使い、肌から水分が逃げないようにしましょう。乳液も、化粧水と同様に優しく塗ってあげてくださいね。

 

日焼けをした後は、お肌はもちろんですが、身体全体にも水分を補給しておきましょう。身体全体が水分不足気味になっていますので、スキンケアで外側からお手入れし、水を飲むことで内側からお手入れすることができます。

 

なるべく早く、日焼けに対処するには「水分」を意識してお手入れすることがポイントです。お肌と身体を保湿してあげることに重点を置いてくださいね。また、なるべく肌に負担をかけないことも大切ですので、睡眠をしっかり取るなどして、身体を労わってあげましょうね。

 

日焼けは予防することが、一番望ましいです。もし焼けてしまっても、しっかりとお手入れしてあげることで、治すことができますので慌てないでくださいね。放っておくことだけは絶対にしないでください。

 

日焼け後のお手入れは保湿が肝心です。化粧水をつけて、乳液で閉じ込めることがもっと簡単にできたら良いですよね?オールインワンジェルの「シミウス」なら、一度に簡単に保湿できちゃうんです!

 

化粧水や乳液、美容液などを集約したアイテムですので、日焼け後のお手入れにもうってつけの化粧品です。肌のケアに必要なものを、ひとつで補えるのですから、より簡単にケアできます。

 

日焼け後のお手入れが、今後の肌の状態を左右します。いかに素早く、適切に対処するかがポイントとなります。いつまでも健康で綺麗なお肌を保つために覚えておきましょうね!