日焼け ニキビ

MENU

日焼けニキビを治すには?

日焼けをするともともとあったニキビが悪化していたり、新しくニキビができてしまった事がありますよね。日焼けで肌のコンディションが悪くなってニキビが出来てしまったのかなと思いますが、実は紫外線が影響しているのです。

 

日焼けは紫外線によっておこるものですが、毛穴に皮脂が詰まっていた場合、そこに紫外線が当たると、皮脂が酸化をおこしてしまいます。すると、「過酸化脂質」という物質に変化してしまいます。この「過酸化皮質」は紫外線によって、ドロドロに酸化して、毛穴を防いでしまいます。

 

そして、結果的にニキビができてしまうのです。紫外線を浴びることによって、もともとできていたニキビまで悪化させてしまうのです。

 

日焼けから肌を守るために肌は「角質肥厚」といって、角質を厚くして自らを守ろうとします。「角質肥厚」を起こした肌はターンオーバーの周期が乱れて、本来なら剥がれ落ちるはずの古い角質が上手くいかず、毛穴が詰まってニキビの原因となるアクネ菌の温床になってしまいます。

 

アクネ菌が繁殖したら白血球の一種である「好中球」がアクネ菌を攻撃するのですが、その時に活性酸素が出来てしまいます。そして活性酸素はニキビを悪化させてしまいます。

 

ニキビ跡が出来るのも活性酸素が関係していて、活性酸素によってメラニン色素が活発になって、ニキビが色素沈着しやすくなってしまいます。ニキビができている時は紫外線はなるべく浴びないようにしましょう。

 

また日焼けの原因となる紫外線によって、角質のバリアが破壊され、肌が乾燥した状態になります。すると、肌は皮脂を過剰に分泌するようになり、皮脂が毛穴に詰まることでニキビができてしまいます。

 

 

このように日焼けはニキビの原因になります。日焼けによるニキビを防ぐには、日焼け止めが有効ですが、日焼け止めの中には油分が含まれている物もあります。

 

油分は炎症を起こしてニキビを作る原因にもなるので、なるべくオイルフリーの物を選びましょう。

 

日焼け止めは紫外線を防ぐのにとても有効ですが、SPF値があまり高い物は、ニキビ肌には刺激が強すぎて負担がかかってしまいます。普段の生活ではSPF値が低い物でも十分に効果があります。日焼け止めは汗などで落ちてしまうので、その都度塗り直しましょう。常にお肌をカバーしておくことが大事です。

 

また、日焼け止めはしっかりクレンジングをして落とす事が大事です。そのままにしておくと、日焼け止めに含まれる油分などで毛穴がふさがれて、ニキビが悪化してしまいます。

 

一日の終わりには、クレンジングと洗顔で日焼け止めを落としましょう。そのあとは化粧水や乳液などをたっぷり塗って保湿をしっかりしてケアをしてください。

 

日焼けでニキビができたり、悪化するなんで驚きですね。普段何気なく浴びている紫外線は、骨の生育など体にとっては必要なものではありますが、肌にとってはやっかいなものです。日焼けによるニキビ予防には日焼け止めでしっかりカバーをする、乾燥しないように保湿をしっかりして夏でも綺麗な肌でいたいものですね。

 

日焼け後の毎日のお肌のお手入れには「シミウス」がおすすめです。