日焼け ムラ

MENU

日焼けでできたムラを治す方法をご案内

夏になると、強い日差しで、うっかりと日焼けをしてしまうことがありますよね。日焼け対策をしていたにもかかわらず、日焼けしてしまって、しかも、ムラになってしまったことは、誰もがあると思います。

 

日焼けによってできたムラを治す方法と、今後、ムラを作らないための注意点をご紹介します。

 

日焼けが治るまではどのくらいかかる?

 

ちょっとした外出や、レジャーをしていて、ついつい日焼け止めを塗りなおさなかったりして、日焼け対策をしていても、日焼けをしてしまい、ムラになってしまったりします。

 

日焼けをしてしまったら、いったい、どのくらいで、元の肌に戻るのでしょうか?

 

日焼けというのは、火傷と同じなので、2〜4時間くらいたつと、皮膚が赤くなります。

 

この赤くなる炎症がおさまらないと、ひどくなりますので、まずは、お手入れをしましょう。

 

だいたい、1か月くらいで、肌は新しい細胞になりますので、元の肌に戻るのも、1か月から2か月くらいはかかります。

 

日焼けのムラを治す方法

 

日焼けして、ムラになってしまったという経験は誰もがあると思います。日焼け止めを塗っていたにもかかわらず、日焼けをしてしまって、ムラになってしまいます。

 

特に顔にムラができると、大変ですよね。

 

ムラの部分だけを治すという方法は、残念ながらありません。ムラがなくなるまで、化粧をして隠すしかないのです。

 

肌全体の日焼けの跡をなくすと、ムラもなくなることでしょう。

 

日焼けをしたら、まず、炎症をおさえましょう。火傷と同じことですので、まず冷やすようにしましょう。

 

日焼けをすると、肌が乾燥していて、シミになったり、シワになったりしますので、充分に保湿をしてあげましょう。

 

また、食事で、栄養補給をすると、皮膚の再生にも効果的です。特に、ビタミンAやビタミンCが有効です。

 

そして、充分な睡眠をとりましょう。午後10時〜午前2時が、皮膚の再生能力が活性化します。

 

日焼けのムラを作らないための注意点とは?

 

日焼けでできたムラというのは、治りにくいですので、ムラを作らないようにしましょう。

 

日焼けのムラを作らないようにするためには、何に注意すればいいのでしょうか?

 

汗が一番、日焼けのムラを作ります。

 

汗をかいて、日焼け止めを塗りなおすと、日焼け止めの塗りムラが出来てしまいます。これが、日焼けのムラになるのです。

 

汗をかいたときには、全部の日焼け止めを落としてから、もう一度、日焼け止めを全体にぬるようにしましょう。

 

または、汗で流れたところにだけ、日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

サングラスをかけると、ムラができる原因にもなります。

 

紫外線の強い日に外に出る場合は、注意しましょう。

 

日焼けを治すのは、時間もかかります。また、皮膚のトラブルもおこしてしまいますので、一番は、日焼けをしないことですね。

 

ムラは、なかなか治りませんので、日焼け自体を早く治せば、ムラも目立たなくなります。

 

規則正しい生活をすると、皮膚が再生されますので、食事や睡眠にも充分きをつけて生活するようにしましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら