日焼け 戻す

MENU

日焼けした肌を戻す方法を伝授!

気をつけていたのに、日焼けをしてしまって、後悔している人も多いと思います。早く元に戻りたいと思ってしまいますよね。

 

日焼けをした肌を、元に戻すのには、人それぞれ、個人差があります。日焼けをした肌を早く元に戻す方法を調べてみました。

 

個人差があるのは何故?

 

日焼けをしても、すぐに元に戻る人と、ずっと日焼けしたままの人といますよね?

 

この差はなんでしょうか?

 

ターンオーバーが原因です。人によって、ターンオーバーの周期が違っています。早い人だと、28日周期の人もいれば、40日周期ととても遅い人もいます。

 

ターンオーバーの周期が遅いと、余分なメラニン色素が肌に残ってしまいますので、いつまでたっても、肌の色が戻りません。

 

しかも、メラニン色素が長く肌の底に残っていると、シミになって残ってしまいます。

 

しかし、ターンオーバーが早いといいというわけでもありません。早いと、とても敏感肌になってしまうというデメリットもあります。

 

年齢や、乾燥が原因で、ターンオーバーが遅くなったりします。

 

年齢はどうしようもありませんが、乾燥は予防できますので、是非、乾燥しないようにしましょう。

 

日焼けして、元に戻るのには個人差がでてくるのは、この乾燥対策をしたかしていないかにもよりますね。

 

しっかりと保湿しましょう

 

保湿をちゃんとしているのに、皮膚が乾燥するという人は、実は、保水ができていない人がほとんどです。

 

肌の表面に潤いを与えると乾燥が改善したような気になりますが、本当は改善されていません。

 

保湿化粧品をいくらたくさんつけても、一時的に肌の水分量が上がるだけで、キープはできません。肌の水分量が一定以上キープされれば、ターンオーバーを正常にして、過剰なメラニンを追い出せるのです。

 

セラミドを補いましょう。保湿化粧品にも含まれています。

 

保水力を意識して、保湿化粧品を選びましょう。

 

美白化粧品では戻りません

 

美白化粧品を使うと、肌を白くするイメージですが、肌を白くするわけではありません。

 

メラニンの生成をおさえて、シミやそばかすをできにくくしてくれます。

 

肌の色が暗くなったり、シミになるのを予防してくれます。

 

美白化粧品を試されるのなら、ハイドロキノンが入っているものを選ぶのをおすすめします。ハイドロキノンは、黒くなってしまったメラニン色素を淡い色合いにしてくれます。

 

美白化粧品には、アルブチンというハイドロキシン誘導体で配合されたのが普通です。ハイドロキシンは、アルブチンのパワーの数百倍あります。

 

これを守ろう!

 

日焼けをした肌を早く元に戻すには、ターンオーバーの周期が大切です。

 

ピーリングなんかでは戻りませんので、ご注意下さい。

 

ピーリングをすると、肌がダメージをうけますので、やめましょう。

 

保水力が強い、美白化粧品を選びましょう。美白化粧品は、乾燥しやすいので、保水力があるものを選ぶようにして下さい。

 

日焼けした後は、まず、肌を冷やしましょう。刺激がない保湿剤を使って、保湿をしましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら