日焼け まだら

MENU

日焼けのまだらを治すには?

きちんと日焼け止めをぬっているので安心していると、気付くと、日焼けをしてしまい、まだらになってしまったということがありますよね?

 

まだらな日焼けになると、恥ずかしくて、肌をだして外出できなくなってしまいます。

 

日焼けのまだらを治すために、3つのポイントをご紹介しましょう。

 

日焼けのまだらを治すには?

 

まだらになってしまった肌というのは、紫外線を浴びて、とてもダメージをうけています。

 

日焼けがだんだんと治ってくると、まだらな模様もなくなってきます。

 

治るまでが、とても目立ちますし、顔なんかにまだらな模様ができては大変ですよね。

 

身体であっても、まだらな模様を隠すようにしていないとみっともないです。

 

日焼けをしてしまったら、ケアをしてあげましょう。

 

日焼けをした肌は、とてもデリケートで、弱っていて、炎症がおきています。

 

日焼け後にケアをしてあげることで、肌が回復してきます。

 

まだらになったり、シミになったりするのを防ぎます。

 

3つのポイントをご紹介しましょう。

 

1.肌

 

日焼け後は、まず、冷やすことによって、炎症をおさえ、保湿することで、乾燥を防ぎます。そして、水分が蒸発しないようにしましょう。こうすることで、乾燥を予防できて、肌の回復を早めます。

 

2.栄養

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを摂取することで、老化防止になったり、シミを予防したり、新陳代謝を促進したりします。
美肌の効果も期待できます。

 

3.睡眠

 

睡眠中に、肌が回復されます。しっかりと睡眠をとると、成長ホルモンが分泌されて、肌の代謝を高めてくれますので、たっぷりと睡眠をとりましょう。

 

このように、3つのポイントを守ることによって、肌が早く回復してくるでしょう。

 

まだらになる原因

 

まだらになる原因は3つあります。

 

1.乾燥肌

 

乾燥している肌というのは、紫外線によるダメージをとてもうけやすいです。

 

そのため、日焼けもしやすいのです。

 

部分部分で乾燥していると、まだらに日焼けをしてしまうこともあります。

 

2.日焼け止め

 

日焼け止めをムラ塗りすると、日焼けもムラができてしまいます。日焼け止めの塗り方が悪いので、まんべんに均等に日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

3.日焼けしすぎ

 

ひどい日焼けをすると、皮膚が白くまだらになることがあります。

 

日焼けをすると、メラニン色素の影響で、肌が黒くなるのが普通なのですが、強い紫外線を浴びると、メラニン色素の働きが止まってしまうのです。

 

そして、まだらになってしまいます。子供がこれになる場合が多いようです。時間がたつと消えることが多いです。

 

 

まだらができている日焼けというのは、それだけ、肌がダメージをうけて弱っている状態です。まだらを治すには、日焼けをしてしまった肌をきちんと回復させてあげましょう。

 

日焼け止めをムラ塗りしないように気をつけてください。顔がまだらになってしまっては大変ですよね。

 

均等にムラがないように、適量を塗るようにしましょう。そして、日焼け後は、一刻も早く、ケアをしてあげましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら