日焼け きれいに

MENU

日焼けをきれいにするには?

小麦色の日焼けをした肌ってかっこいいですよね。今は、色白ブームですが、それでも、夏の海やリゾートには、きれいに日焼けをした小麦色の肌がはえますよね。しかし、シミができるのがこわかったり、肌が痛くなるのが嫌だと日焼けを不安がる人も多いですよね。

 

きれいに日焼けをするポイントや、日焼けをきれいにキープするためのアフターケアをみていきましょう。

 

【きれいに日焼けをするには】

きれいに日焼けをするためには、一気に焼いてはいけません。少しずつ少しずつ焼いていくようにしましょう。早く日焼けをしたいという気持ちはわかりますが、一気に焼こうとすると、まだらになってしまったり、皮がむけてしまったりして、きれいに日焼けすることができません。

 

きれいに日焼けをしたいならば、一気に焼かずに、日焼けのベースを作ることからスタートしましょう。きれいに日焼けをするというのは、ムラがなくて、皮がむけたり、乾燥しない、健康的な小麦色のお肌になることです。

 

4つのポイントをおさえましょう。

日焼けする時間は1日3時間以内にしましょう

一気に焼こうとせずに、何日かに分けて日焼けするようにしましょう。これがきれいに日焼けをするポイントです。一気に長時間紫外線を浴びると、日焼けのムラになったり、皮がむけたりしてしまいます。また、熱中症になったり、脱水症状がでたりして、危険な状態になる場合もあります。

 

1日に3時間以内にして、それを繰り返して、だんだんと日焼けをするようにしていきましょう。

日差しが強すぎる昼時をさけましょう

一番日差しが強いのは、昼時で、10時から14時くらいの間です。この時間はさけて、日焼けをするようにしましょう。10時よりも前か、15時以降にしてください。10時から14時は、紫外線が強すぎて、危険です。

お肌を冷やしながら日焼けしましょう

こまめに、お肌を冷やしながら日焼けするようにしましょう。
ぬれたタオルや、氷袋で、こまめに肌を冷やすようにして、熱をお肌にためないようにしましょう。日焼けは、火傷と同じなので、火傷が悪化しないように注意しましょう。

日焼け止め、または、サンオイルをぬりましょう

きれいに日焼けをしたかったら、日焼け止めか、サンオイルをぬりましょう。日焼け止めや、サンオイルを利用することによって、紫外線からお肌を守りながら日焼けをすることができます。

 

【日焼けをキープするためのアフターケア】

きれいに日焼けをすることができたら、それをキープするにはどうしたらよいのでしょうか?まずは、冷やすようにしましょう。冷たいシャワーを浴びたり、凍らせたタオルや氷を使ってクールダウンしましょう。熱がおさまるまで、しっかりと冷やすことが大切です。

 

そして、日焼けしたところを保湿しましょう。日焼け後のお肌は、とても乾燥していますので、日焼け後にはたっぷりと保湿をしてあげてください。おすすめの化粧品は、「シミウス」です。

 

もしも、皮がむけてきたら、無理にはがさないようにしましょう。無理にはがすと、シミになったりします。皮がむけてきたら、保湿クリームを塗って、保湿をしましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら