日焼け 痛い

MENU

痛い日焼けをしないようにするには

日焼けで痛い思いをした人はどれくらいいますか?といってもほとんど痛いくらいの日焼けをするのは夏ですよね。水着で海に行ったり、薄着で遠出をしたりと楽しいことがたくさんありますが、家に帰ってから日焼けで肌が痛い!という思いをしていませんか?

 

日焼けをして肌が痛いという人は肌が弱い、白いなどの肌質もありますが、普段からの日焼け対策や対処法が間違っているという人も多いようです。今回は正しい日焼け対策法と対処法についてまとめてご紹介していきたいと思います。

 

【日焼け対策方法】

日焼け対策として有名なのはやはり「日焼け止め」ですよね。夏になればだれでも塗ると思いますが、1年中日焼けの危険があるとご存知でしたか?紫外線というものは1年中降り注いでいるおそろしいものです。日焼けだけでなく肌荒れや皮膚がんをおこすこともありますのでとても怖いですよね。

 

また日焼け止めによってシミができてしまうという人もいるそうです。日焼け止めもなんでもいいというわけではなく、自分の肌質や目的に合ったものを選ぶ必要があります。また女性はメイクをするので、日焼け止め成分入りの化粧品を使うことも日焼け防止になりますよね^^

 

UVカットのファンデーションや化粧下地、また洗顔後の化粧水や乳液、化粧下地までがセットになっている「シミウス」のような商品などもおすすめです。朝は時間がないのでスキンケアをしながら日焼けを防ぐというのが一番効果的です。

 

【日焼け対処方法】

日焼けを防止しても塗りなおす時間がなかったり、水や汗で流れてしまったりと日焼けしてしまう可能性が高いです。そんなときには帰宅後の日焼け対処方法が肌への負担にとても大切になってきます。

 

日焼けの対処方法としてまずしなければならないのは「冷やすこと」です!日焼けというのは皮膚が軽いやけど状態になっているのと同じことですので、氷や保冷材をタオルでくるんで日焼けして炎症してしまっている部分にあてましょう。

 

炎症というのは皮膚が赤くなってしまっているということです。肌が白い人であればもともと黒くなる前に赤くなりやすいのでまず冷やすことが大切です。

 

これで日焼けしたことによる痛みはかなり軽減されます。そしてここでやってはならないのは冷やす前に化粧水や乳液を塗ってしまうことです。赤く炎症しているのにもかかわらず肌にそのまま化粧水を塗りこむのは余計に肌が荒れてしまうのでやめてください!

 

またやりがちな湿布もNGです。湿布には痛みを和らげる成分や冷たく感じる成分が含まれていますが、肌が炎症している状態のまま貼ってしまうと余計にひりひりしてしまったり、肌荒れを起こしてしまったりするので危険です!

 

冷やすことがおわって炎症がおさまってきたら化粧水や乳液で保湿するというのが日焼けの対処法の1つです。日焼けをすることで肌はかなり乾燥しています。そのため化粧水をいつもよりもたっぷり塗って、乳液でしっかりと蓋してあげることが大切になってきます。

 

面倒だという場合は美白成分入りのパックをしたり、オールインワンでケアできる「シミウス」などがおすすめです。

 

>>シミウスの詳細はコチラから