日焼け 保湿

MENU

日焼け後は保湿が大事!怠ると大変なことに・・・

気をつけていたのに、うっかりしていたら、日焼けをしてしまったということは誰もがありますよね。

 

そんなときは、日焼け後に、保湿をしてあげるのがとても大切です。

 

日焼けをした肌は、とてもデリケートになっていますので、充分に保湿をしてあげましょう。

 

なぜ、紫外線をたくさん浴びたことによって日焼けをしてしまった後は、アフターケアに保湿が必要なのかをみていきましょう。

 

日焼けをしてしまった当日にやってほしい対処法

 

うっかりと日焼けをしてしまったら、直後にアフターケアをしてあげましょう。

 

日焼けをしてしまった当日にやってほしい対処法をご紹介します。

 

まずは、冷やしましょう。日焼けというのは、火傷と同じことです。まずは、皮膚を充分に冷やしてあげましょう。

 

シャワーで水をかけたり、氷をあてたりして冷やします。このときに、冷水に長時間つかったりすると、冷やしすぎてしまいますので、注意が必要です。

 

そして、保湿をしてあげましょう。この保湿をすることが、とても重要です。

 

我慢できないくらい、ほてりがあるときには、受診をするようにしましょう。

 

ひりひりして、ほてっている場合には、軟膏をぬって保湿をしましょう。化粧水だとしみるときもありますので、軟膏がおすすめです。

 

ほてりがない場合には、化粧水で充分に保湿をしてあげましょう。そのあとに、乳液をぬります。

 

日焼けをすると、水分が不足して、肌が乾燥します。顔も体も、たっぷりと化粧水をつけましょう。

 

このとき、コットンでなく、手でつけましょう。日焼けをした肌はとても敏感ですので、刺激しないように、手でつけるのがおすすめです。

 

絶対に日焼けをしそうなところにいくときには、行く前に、化粧水を冷蔵庫で冷やしておきましょう。

 

肌を保湿できるだけでなく、肌を同時に冷やすこともできます。

 

化粧水を塗ってヒリヒリするときには、軟膏をぬるようにしましょう。化粧水がしみるときには、無理につけないで、軟膏にかえましょう。

 

日焼けをした後は、身体が水分不足なので、こまめに水分補給をして、内面からもケアをしてあげましょう。意識して、飲み物を飲みましょう。

 

日焼けをすると、思っている以上に疲れているものです。身体を休ませてあげるために、早く寝るようにしてください。

 

今後気をつけてほしいこと

 

保湿とともに、今後、意識してほしいことをご紹介します。

 

まず、これ以上、新たに日焼けをしないようにご注意下さい。

 

日焼け止めを塗ったり、外出するときには、上着をはおったり、帽子や日傘を利用して、これ以上、日焼けをしないようにしましょう。

 

日焼け止めは、適量をつけるようにして、2〜3時間おきに塗りなおしをしましょう。

 

日焼け止めを塗ったからといって、油断していると、汗などで落ちてしまっていて、ムラになって日焼けをしてしまったということがおこらないためにも、こまめに塗りなおしをしましょう。

 

そして、栄養のあるものを食べるようにしましょう。たんぱく質や、亜鉛や、ビタミンCなどが特におすすめです。

 

身体のリズムを整えるためにも、栄養のある食事が大切になってきます。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら