日焼け ひどい

MENU

日焼けがひどいとどうなるの!?放っておくと大変なことに・・・

日焼けがひどくなると、様々な症状が現れます。その症状は日焼けが増すほどにひどくなってきますが、肌荒れがひどくなった状態を放置しておくことはとても危険なので、きちんと対処することが大切です。

 

それでは、もしもひどい日焼けをしてしまった場合、どのように処置をすればよいのでしょうか。ひどい日焼けをしてしまった場合は、適切な処置を行うことで、これ以上日焼けによる肌荒れを悪化させなくすることが出来るので、なるべく早めに対処することが大切になります。

 

日焼けがひどい時の症状は?

 

まずは、日焼けによる肌荒れがひどくなると、どのような症状になるのかご紹介いたします。ひどい日焼けになると、皮膚が真っ赤になり長時間熱をもったり、水ぶくれが出来たりします。特に、水ぶくれが出来るほどのひどい日焼けの場合は、熱湯をかぶってしまった時と同じような状態になっていると考えてください。火傷のランクでは中程度の火傷になっているのです。

 

日焼けは実際に自分で火を触っているわけではないので、どうしても日焼けの症状を軽く考えてしまいがちですが、日焼けも立派な火傷と同じなのです。中程度の日焼けともなると、治りも遅くなるので、このようにひどい状態になる前に日焼け対策をしっかりと行いたいものですね。

 

ひどい日焼けを予防する方法

 

ひどい日焼けを予防する方法は、日焼けによって肌にジリジリとした熱を感じてきたら、すぐに移動することが大切です。日陰がない場合は、何かでジリジリと熱くなってきた所を覆いかぶして陰をつくってあげましょう。

 

そして、陰を見つけたら、低刺激の化粧水や乳液を塗った後に日焼け止めを塗ることが大切です。ジリジリと感じている肌を放置すると、ひどい日焼けの症状へと進行していってしまいますので、肌のジリジリとした感じが分かった時点ですぐに処置することが大切です。

 

また、肌がジリジリしている状態は、もうすでに軽度の火傷状態になっているので、肌の水分が失われています。水分が失われているところに日焼け止めをいきなり塗ることは、刺激が強く、更に痛みを感じてしまうかもしれませんので、低刺激の化粧水や乳液などで肌に水分を入れた後に日焼け止めを塗る方法がよいでしょう。

 

ひどい日焼けをしてしまった時の対処法

 

もしも、予防が間に合わず、ひどい日焼けへと進行してしまったのなら、応急処置が必要になります。もしも日焼けが全身にある場合は、水風呂にゆっくりとつかって体を冷やしましょう。部分的な日焼けなら、冷水で冷やしたタオルで日焼け部分を冷やします。

 

ひどい日焼けの場合は、肌がかなり敏感になっていますので、ひどい日焼けが落ち着くまでは、なるべく低刺激のボディソープやシャンプーを使うことをおすすめします。そして、水分とビタミンをいつもよりも多くとりましょう。また、もしも日焼けが悪化してきてしまったなら、皮膚科へ行くことも必要です。

 

まとめ

 

ひどい日焼けをしてしまった場合は、とにかくすぐに体をクールダウンすることが大切だということが分かりましたね。出来ることならこのようなひどい日焼けはしたくないものですよね。そのためにも、日焼け対策は日頃からしっかりと行いましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら