日焼け 変な焼け方

MENU

日焼けをしたら変な焼け方をしてしまった!そんな場合の対処法

うっかりと、日焼け止めを塗らずに外出をしたら、変な日焼けをしてしまったという経験は誰でもありますよね。

 

思わぬ日焼けをしてしまって、恥ずかしくて、肌を隠しながら生活した人もいることでしょう。

 

日焼けをして、変な焼け方をしてしまったり、ムラになったりといったことは、なぜおこるのでしょうか?

 

日焼けをして、変な焼け方をしてしまった時の治し方をお教えしましょう。

 

なぜ変な焼け方をしてしまうのか?

 

日焼け止めもぬらずに外出してしまい、うっかりと、日焼けをしてしまって、気づくと変な焼け方をしてしまって、後悔した経験はありませんか?

 

体中、ムラができて変な焼け方をしていると、とても恥ずかしいですよね。

 

特に、夏は肌を見せますので、変な焼け方をしていると、肌を隠して生活しなければなりませんね。

 

なぜ、変な焼け方をしてしまうのでしょうか?

 

夏以外でも、紫外線は強いものです。夏じゃないからと油断して、日焼け止めをぬっていないと、いつの間にか日焼けをしてしまうことがあります。

 

また、晴れていると日焼けをするイメージですが、実は、曇っている時が、一番日焼けをするのです。

 

曇りの日でも、しっかりと日焼け止めをぬって、日焼け対策をするようにしましょう。

 

変な焼け方というと、時計の跡が手首にくっきりとついてしまったり、半袖をきていた跡が腕にくっきりとついてしまったり、半ズボンや、靴下の跡がついてしまったりと色々ありますよね。

 

特に変な焼け方というと、女性の網タイツです。足に格子状に日焼けができてしまうと困ってしまいますよね。

 

こうならないためにも、体にまんべんなく、日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

透けている素材だとなおさら、日焼けをしてしまいますので、ご注意ください。

 

日焼け止めは、塗り忘れがないようにしましょう。

 

また、1回塗ったからといって、安心しないで、こまめに塗りなおしましょう。1回塗っても、効果は2〜3時間しか持ちません。

 

変な日焼けを治す方法

 

変な日焼けをしてしまうと、すぐには元には戻りません。時間がかかります。

 

だからといって、2度焼きするのは、絶対にやめましょう。

 

変な日焼けをしてしまった場合は、ちゃんと対処するようにしましょう。

 

まず、肌は強いダメージをうけていますので、回復させてあげましょう。

 

日焼けした部分を冷やしてあげましょう。そして、たっぷりと保湿します。

 

化粧水も、美白のものを使用するといいですね。

 

次に、栄養補給をします。肌を回復させるために、内側からも栄養を与えてあげましょう。

 

ビタミンAや、ビタミンE、ビタミンCが特に、ダメージを回復させてくれるのに有効です。

 

シミの予防にもなるし、新陳代謝も促進されて、身体にもいいですね。

 

最後に、十分な睡眠をとりましょう。肌が回復をしていくのは、眠っているときです。

 

寝ているときに成長ホルモンが分泌されて、肌が回復をしていくのです。

 

日焼けをすると、思っている以上に、体は疲れていますので、しっかりとした睡眠をとって、疲れた体を休めましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら