日焼け 肌荒れ

MENU

日焼けが原因で肌荒れをしてしまった時の対策

日焼けをして肌荒れを起こしてしまった人は多くいるのではないでしょうか。日焼けが原因で肌荒れをすると、肌が赤くなったりヒリヒリと痛み出したり、皮膚が剥けたりします。ここでは、もし日焼けをして肌荒れしてしまった時の対処法をご紹介いたします。

 

どうして日焼けで肌荒れするの?

 

日焼けをした時に肌荒れするメカニズムはどうなっているのでしょうか。まずは、肌荒れになる経緯を学んでみましょう。

 

肌は、大気から降り注がれる紫外線を浴びると、紫外線から肌を守ろうと活性酸素が大量に発生します。しかし、活性酸素の酸化が原因で肌の細胞が傷つきます。肌が傷つくと、私達の体からは、メラニンという色素が登場し、肌をこれ以上痛めないように守ろうとするのです。しかし、メラニンの生成が間に合わないと紫外線による肌荒れがさらに進み、肌が火傷のような状態になってしまい、ヒリヒリしたり皮膚が剥けてしまったりするのです。

 

よく、色白の人は赤くなってヒリヒリしやすいという印象がありますが、まさに上記のことが言えるのです。色白の人は、紫外線の耐性が少なかったり、メラニンの生成が遅い人が多いので、色白の人は紫外線による肌荒れを起こしやすいのです。

 

もしも肌荒れしてしまったら?

 

日焼け対策をすることはもちろんですが、もしそれでも日焼けによって肌荒れをしてしまった時にはどのように対処したらよいのでしょうか?

 

肌荒れ部分を冷やす

 

日焼けで肌が荒れるということは、先程、火傷の状態にあるとご紹介しました。家事などで火を使っている時に火傷をすると水で冷やすのと同じように、肌荒れの火傷状態でも、クールダウンすることが大切です。もしも、肌荒れをしてしまった時には、保冷剤をハンカチやタオルで包み、肌荒れ部分に付けておきましょう。

 

保湿する

 

火傷の状態になるということは、肌の中の水分がどんどん蒸発していってしまっている状態にあります。保湿をしてあげることで、肌の水分をこれ以上蒸発させないようにすると、肌荒れの治りも早まります。また、保湿を選ぶ時には、なるべく低刺激の保湿クリームを選ぶようにしましょう。

 

水分補給をする

 

肌の表面から保湿をして水分の蒸発を防ぐだけではなく、肌の中からも保湿を心がけましょう。肌の中が水分で満たされると、クールダウン効果と美白効果が現れます。内側からもケアしてあげるとかなり治りが良くなりますよ。

 

まとめ

肌荒れをすると、とても痛いし痒いし、時には肌荒れが原因で好きな服が着られなくなってしまいます。

 

辛い肌荒れに気がついたら、すぐに適切な処置をすることで、肌荒れの進行を止めることができます。一番は日焼け対策をしっかりすることが大切ですが、肌荒れになってしまったらこまめに水分補給をしながらクールダウンするように心がけましょう。

 

これからの季節は肌が一番辛い時期になります。肌を毎日いたわりながら、出来る限り肌を傷めないようにしたいものですよね。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら