日焼け ダメージ

MENU

日焼けによるダメージは怖い!

日焼けといえば肌が黒くなる、赤くなる、くらいのイメージはあると思います。しかし日焼けには、目に見える以上に肌にダメージが蓄積されています。いったいどんなダメージが肌に蓄積されていくのか、知っていますか?これを知らないと年齢を重ねるにつれて自分の肌を見るごとにショックを受けることになります…。

 

日焼けをすることでの肌へのダメージについて、詳しくご紹介していきたいと思います。また日焼けをしたあとの肌の回復方法についてもご紹介していきたいと思います。

 

日焼けによって肌はどんなダメージを受ける?

日焼けといっても実際に肌にダメージを与えているのは紫外線です。紫外線は2種類にわかれており、A波とB波というものがあります。A波はシワやたるみ、B波はシミやそばかすに影響を及ぼします。

 

お肌は、紫外線を浴びていると赤くなったり黒くなったりしますが、肌が目に見えて変わってくるのは20分以上だと言われています。つまり「ちょっとそこまで♪」というお買い物やお散歩、「家の前の草むしりするか〜」という一仕事も肌にはかなりのダメージを与えているということになります。

 

紫外線がいちばん降り注いでいるのは夏だと思っていませんか?実は、違うんです。紫外線量がいちばん多いといわれているのは「5・6月」なんです!つまり春から夏にかけての時期がいちばん日焼け防止に気を付けなければいけないというわけです。しかも紫外線は1年中降り注いでいるって知っていますか?

 

つまりシミやそばかす、シワやたるみを防ぐためには1年中日焼け止めをしなくてはなりませんし、外に出るときはしっかりと紫外線対策をしなくてはならないというわけです!ここまで日焼けに気を使っている人は日本にどのくらいいるでしょうか><

 

日焼けダメージによる肌は回復できる?

ここまで見てみると日焼けというものはおそろしく、紫外線対策がとても面倒のように思えますよね。女性であれば化粧もしなくてはならないので、朝の忙しい時間にも手間がかかります。日焼け止めを忘れてしまった、日焼け止めが足りなかった、そんなダメージを受けてしまった肌を回復する方法はないのでしょうか?

 

肌が回復するかどうかは自分のケアにかかっています。日焼け止めを塗っていても肌は少なからずダメージを受けているので、スキンケアは必要です。日焼けによるダメージをうけて炎症してしまった肌には、まず冷やすことが必要です。冷やすことで炎症を沈めて、保湿できるような肌の状態にもっていきます。

 

冷やして炎症がおわったらあとは保湿をして肌の回復力を高めていきます。日焼けをすることで肌はとても乾燥しています。乾燥している肌には保湿は不可欠です。保湿には化粧水・乳液・美容液・保湿クリームなど、自分の肌に合うものを使うのが一番良いです。ビタミンCや美白成分のはいっているものを使いましょう^^

 

日焼けによる肌のダメージは少なからず全員が受けてしまうものです。外出するときにはできるかぎり紫外線対策をして、帰宅後はしっかりとスキンケアをして肌をいたわってあげましょう。日焼け止めにもスキンケアにもつかえるおすすめな商品は「シミウス」です☆

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら