日焼け 防止

MENU

日焼け防止対策はこれだ!

みなさん、日焼け防止対策はどんなことをしていますか?日焼けを防止するためにいちばん多くやられているのは、「日焼け止め」だと思います。日焼けは肌にかなりのダメージを与えますので、日焼けを防止していないと日光皮膚炎や日光湿疹など肌が炎症を起こすことになりかねません。

 

今回は気軽にできる日焼けの防止対策として、「日焼け止めの正しい塗り方」をご紹介していきたいと思います。日焼け止めを塗ってしっかりと日焼けを防止しようとしている人は多いと思いますが、正しい塗り方をしていないと効果はでませんし、もったいないですよね。ということで肌を守るために日焼け止めの正しい塗り方をおぼえましょう^^

 

日焼け止めのSPF、PAってなに?

まず日焼け止めに書かれている、「SPF」や「PA」について、知っている人はどれくらいいるでしょうか?日焼け止めを塗るまえに、選ぶときに必要な知識としてこちらも知っておきましょう!

SPF

SPFとは簡単にいうと、日焼け止めの持続時間になります。たとえば「SPF20」と書かれている日焼け止めを塗った場合、この単位は20分ごとをさすので、「20分×20=400分」つまり日焼け止めを塗ってから6時間40分は日焼け止めの効果が持続するということを表します。

 

つまりSPFの数値が高いほど、日焼け止めを塗ってから効果が持続する時間が長いということです。

PA

PAとは日焼け止めの効果の強さを表します。「+」の数で表記されています。「+」の数が多ければ多いほど、紫外線を防止する力が強いということになります。

 

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めの効果の違いがわかったところで、日焼け止めの正しい塗り方をご紹介していきたいと思います。

日焼け止めを塗る量

基本的にはメーカーごと、商品ごとに違うので、商品の説明書をよく読みましょう。肌を強くこすることなくじゅうぶんに伸ばせる量を手のひらにとり、肌にやさしくなじませます。

顔への塗り方

顔に塗る場合はスキンケアのあと、化粧下地の前に日焼け止めを塗りましょう。スプレータイプのものはメイクの後で大丈夫です。「額」「両頬」「鼻」「顎」の5点に日焼け止めをおいてから、やさしく伸ばしていきます。内から外へ向かって伸ばしながら、小鼻や目の上など丁寧に細かいところまで塗っていきましょう。

身体への塗り方

身体へ塗る場合は、手首からひじ、ひじから肩、つま先からひざ、など数か所に分けて塗っていきます。身体に塗るのは広範囲なので塗り残しがないように、ひじやひざ裏にもしっかりと塗ってあげましょう。

 

日焼け止め入りのスキンケア・メイク道具も使える!

効果の強い日焼け止めを塗り続けることも、肌には負担になります。紫外線の弱いときには日焼け止め入りの化粧下地や、UVカットのフェイスパウダーなどを使うこともOKです!

 

現在では日焼け止め入り乳液や、オールインワンジェルなどいろいろなものが販売されていますので、自分に合うものを選んで使いましょう!スキンケア商品でいちばんおすすめなのは「シミウス」という商品です☆

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら